【モテたい人必見】気になるあの子を振り向かせたい!!大切なこと4つ。

スポンサーリンク

どうもヒロりんです。

先日恋愛についての本を読み、自分の体験と共感できる部分が多くあったので記事にしていきたいと思います。

自分は今年で34歳になります。顔もイケメンではなくブサイクなほうです。大体、下の中くらいの人間です。また特段話が上手いわけでもなく、むしろ人見知りでした。ですが、看護師になろうとしたことが、自分の人生の転機になったのです。

 

はてな

そもそも自分にモテ期はあったのか

 

自分の人生の中でモテ期はあったのかなと考え直していると、思い当たる節が2回ほどありました。

第一次モテ期は中学生のころです。この頃はバスケットボールをしており、キャプテンでもありました。またレギュラーで一応エースでした。

この顔以外のネームバリューに助けられある程度は、ちやほやされていました。

第二次モテ期は看護学生の頃です。40人中男は4人のみ、周りは女だらけの中に入学しました。こんなブサイクでも女の子と話す機会は無限にありました。

ここでの体験がのちに生きてくるとも知らず、看護学校生活をスタートさせました。

次からはその看護学校での生活で培ったスキルについて話していきます。

 

気になる女の前で緊張しない方法

恋愛下手な人ほど、気になる人と話をするとき緊張すると思います。なぜなら、自分の話した内容が面白くなく、つまらない人間だと思われたら嫌われる。

などと考えてしまいます。その結果、話はぎこちないものとなり終いには気持ち悪いと思われてしいます。

その様にならないためには意識を分散させることです

その女だけを振り向かせたいと執着してしまうと次第に緊張してしまいます。

ですが、同時期に他の女性たちもを振り向かせたいと考えていたら、「別にふられてもいいや」と気楽に考えられるのです。

 

「優しい人が好き」は本当か

 

女性に対してどんなタイプの男性が好きか聞くと大体の回答に、優しい人と言う女が多い。

だがこれは本心なのだろうか。自分はそうとは思えない。

例えば、自分の気になる女性と電車に乗り座席に座っていたとしよう。そこで自分の前に老婆が立った。その時老婆に席を譲ってあげる。

この行為をみた女性は、優しい人だなとは思うかもしれないが、それが好きには直結しにくい

それはなぜか。答えは簡単です。その優しさが女性の方に働いていないからです。

大多数の女性は特別な存在として扱われたいのです。優しさという言葉を言い換えるならば親切ともなります。

 

具体的にどのようなアプローチがあるか挙げていきます。

ポイント

◎車道側を歩く

◎店に入るときに扉を開けてあげる

◎女性がトイレに行っている間に会計を済ませる

◎髪型などが変わったときはすぐに気付き伝える

◎食べる速度、歩く速度を合わせる

◎待ち合わせ場所に先についておく

など挙げればキリがないほどである。

このようなことをスマートに行えるように訓練してみてください。

 

コンプレックスを自分の武器に

自分のコンプレックスを笑いをとろうとした際に「ブサイクでごめんね。」という卑屈な感じになってしまうと、周りが同情してしまいます。

そうなれば笑いは起きにくいです。

そうならないように強気で堂々とした態度で「だれがブサイクや!!」とより変顔でもかますほうが笑いが起きる。

自分が気にしていることを誰かにイジられたときは、すかさず「誰が○○じゃ!!」と言い返してください。

 

女性が気持ちを許すのはどんな時

 

女性が気を許す入り口となるのは、「愚痴をいうとき」であります。

警戒している相手に対して愚痴なんていわないだろう。

ではどのようにして愚痴を引き出すか。それはとても簡単なことのなです。

ある2つの言葉を覚えてください

1つ目は「大変じゃない?」です。

使い方は次の通りです。

自分「仕事は何をしてるの?」

相手「保育士をしてる」

自分「そうなんだ。でも保育士さんて大変じゃない?」

 

これでOKです。相手が何と答えようともこの一連で女性は愚痴をこぼしはじめます。

この後愚痴をこぼし始めたときに使える言葉が、2つ目になります。

それは「さ し す せ そ」です。

基本のさしすせそ

さ…さすが
し…実力ですね、しらなかった
す…すごい
せ…絶対、センスいいですね
そ…そうなんだ、それで

このように上手に相槌をうつことで女性はより気持ちよく話を進めることが出来ます。

 

最後に

 

ここまで4つのことについて説明してきました。

これを読んだだけではだめです。読んだことをぜひ行動に移してください。

そうすれば、少しずつ未来は変わってくるまずです。

ではまた明日。

スポンサーリンク

-未分類

© 2024 ヒロBLOG Powered by AFFINGER5