【2020年版】看護師の平均年収、月収、ボーナスについて公開します!!

スポンサーリンク

どうもヒロりんです。

自分は看護師をしています。よく友人からも「看護師は給料良いからな。」と言われるます。

ですが本当にそうでしょうか。

今日は、自分の給料なども公開しながら説明していきます。

看護師の年収と給料、ボーナスについて

厚生労働省の調査によると、看護師の平均年収は482万9100円でした。

平均月収は約33万円、ボーナスは82万円とのことです。

実際に自分の年収も500万円いくかいかないかぐらいとなっています。

手取り額ではなく、所得税や社会保険料などを控除する前の額です。

自分は月収については手取りで31~33万円程は頂いています。その中で夜勤は5回ほどしていますが…

 

男女の差はあるのか

男女別に見てみると、次のようになります。

男性看護師 平均年齢36歳

<平均年収> 496万800円

<平均月収> 34万3700円

<平均月額給与>30万7700円

<平均賞与> 83万6400円

女性看護師 平均年齢39歳

<平均年収> 481万3600円

<平均月収> 33万3300円

<平均月額給与>30万1800円

<平均賞与> 81万4000円

男性看護師の方がやや高いですね。

男性看護師は勤務先が大きい病院であることが多かったり、家族手当が多く付いたりすることが影響しているとみられます。

 

看護師の夜勤手当

月収には「夜勤手当」がかなりのウェイトを占めています。1回の夜勤手当が12000円程度です。

看護師は毎月の給料のうちで、平均3.5万~5万円を夜勤で稼ぐということになります。つまり、年収のうち40万~60万円は夜勤手当分という計算です。

まさに「負担の大きい夜勤をこなしてこその高い給料」と言えます。

夜勤は17時頃から翌朝の9時頃までです。すんなり終われば労働時間は16時間です。

1回の夜勤手当を時間で割ると

 

夜勤の時給は

12000円÷16時間=750円/時間

時給にしてみると750円であり、仮眠も出来ないほどの夜勤をしていてもこの程度なのです。

 

他の職種との年収の違い

 

年代 平均年収
全体 男性 女性
20代 345万円 369万円 319万円
30代 442万円 481万円 375万円
40代 507万円 567万円 401万円
50代以上 622万円 671万円 428万円

 

看護師の平均年収は、20代前半の約390万円からスタートして、50代の約530万円でピークを迎えます。

このことから男性の年収からすると、ほかの職種に比べ年齢に応じて上昇していくわけではないのです。

ですが、女性平均と比べると100万円ほど高く、「女性の中では稼げる職業」とは言えるでしょう。

 

最後に

 

「看護師=年収が高い」のイメージは、こうした女性の中では高い」「若いうちは高い」というところから来ているのでしょう。

しかし、全体を見れば「看護師だからって、飛び抜けて高い給料をもらっているわけじゃない!」と言いたくなる数字です。

 

看護師の利点と言えば、就職先には困らないということはあると思います。

基本的にどこの病院も人手不足なので、特別何もなければ採用してもらえます。

 

もっと看護師が増えて、看護師の月収、年収を上げていけたらいいなと思います。

ではまた明日。

スポンサーリンク

-ビジネス関係

© 2024 ヒロBLOG Powered by AFFINGER5