アウトプットは誰でもできる。まずは一歩を踏み出そう。

スポンサーリンク

どうもヒロりんです。

今日は最近よく目にするようになったアウトプットについて自分なりに考えてみました。

自分自身アウトプットすることが苦手でありながらも、それを克服しようとしたことについて記事に書いていきます。

 

アウトプットとは

 

アウトプットとは学習や経験によって得た学びを活動や発言に反映させることをいいます。

他には出力といった表現もするようです。

この意味からすると、自分は看護師をしているため患者様、家族様と関わるなかでアウトプットする機会が多くあります。

その中で間違ったアウトプットは不安、不信感を与えかねないため、日々学習することの重要性を感じています。

 

アウトプットの重要性に気づいたこと

 

今までの自分は事なかれ主義であったため、病棟内での問題に対しても積極的にも関わっていくこともありませんでした。

ですが現在看護師となって12年目を迎え、副主任にもなったことで見なかったことにすることも出来なくなってきました。

そんななか一人問題となるスタッフがいました。そのスタッフは自分にも同僚に厳しく間違ったことは相手のことを考えず、本能のまま怒りまくるのです。

その怒り方を周りで聞いているものが、気分が悪くなるくらいに…

その環境をどうにかしたいと考え、師長に病棟の雰囲気が良くなるような企画書を提出しました。

すると師長は賛成してくれ、病棟内でその企画を説明すると思いのほか賛同してくれるスタッフが多かったのです。

 

このことから、何かいい変化を求めて自分にできることはないか考え思いついたことはまずやってみようと思えるようになりました。

行動に移した後で改善の必要があれば改善していけばいいと思えるようになりました。

自分なんかが行動に移したことで何も変わらないと思う前に行動してしまえば、周りも変わってきます。

部下にその姿をみせてあげるのも自分の役目ではないのかと考えることで、またアウトプットする活力が湧いてきています。

 

インプットよりアウトプットから始める

 

何か行動を起こそうとする前に情報収集(インプット)する方が多いと思います。自分もそうでした。

でもインプットをしすぎてしまうと、アウトプットまでに行きつかず断念してしまうことも多々あると思います。

例えばブログを始めようと思い調べだしたとしましょう。そうすると有料テーマ、無料テーマなど今まで目にしたことのない文字ばかり。

また記事を書くには、それを読んでくれる方の疑問などを解決しないといけない…等々あります。

調べれば調べるほど、自分にそんなことは出来ないのではないかと不安になってやめてしまったことがありました。

ですが、今ではこのようにブログを始めています。迷っている時間があるならまずやってみたのです。

その中で壁にぶち当たったときにインプットすれば、問題に対してすぐ対処できるのです。

 

インプットはどうするのか

 

自分はインプットするには、読書をしています。

何か悩み事があれば、本を読んで解決策はないかと調べています。

これだけの情報社会であるため、大体のことは調べると出てきてくれます。その中でピンときた本をチョイスして読み始めます。

気になった箇所があればメモに書いておき、読み終えた後にそのメモにまた戻ります。

そのメモした内容を自分なりに変換し、実生活ではどのようにしていこうかと具体的に考えるようにしています。

これにより悩みの大半は解消します。

 

最後に

 

何か思いついた時はとにかく行動してみてください。思いがけない応援があるかもしれません。

または誰にも見向きもされないかもしれません。

そうなればまたアプローチの方法を変えればいいのです。

自分だけの人生を精一杯生きるためにもアウトプットしまくりましょう。

ではまた明日。

スポンサーリンク

-未分類

© 2024 ヒロBLOG Powered by AFFINGER5