トイレトレーニングの弊害…便が出ないときの対処法!!

スポンサーリンク

こんにちは、ヒロりんです。

今回は我が家の息子たちのトイレトレーニングを行った時に培った経験について話していきます。

長男の場合

長男は紙おむつを履いていました。2才半を迎えたころにトイレトレーニングを開始しました。行ったことは以下の3つです。

・朝起きた時にまずトイレに座ることから始める。

・トイレにもアンパンマンのおまるを置き、楽しみながらトイレに行けるようにした。

・1時間~2時間毎にトイレに誘導することを習慣付けている。

このことを2週間ほど行うと、おしっこに関しては日中はほぼお漏らしすることなく過ごせるようになりました。

ですが、ここで問題が発生しました。トイトレをする前はおむつ内にしっかりとした便が出ていたのに、急に出にくくなったのです。

ヒロりん
エイ!!トイレ行こか。
うん。(ちょこちょこと後ろを歩いてくる)
エイ(息子4才)

おまるに座らせるとおしっこが出てきた。

ヒロりん
ウンチもしよか。

いや!怖い!
エイ(息子4才)
と泣き出すてしまいました。

でもしばらく便も出ていないので心配であったため、心を鬼にして。

ヒロりん
ウンチしやんかったら、お化けさんくるで!!

いらん。いらん。
エイ(息子4才)
と泣きながら顔を赤らめて気張りだしまし便もひょっこり出てきました。

そのあとはしっかりと褒めてあげました。

荒療治ではありましたが、その後は定期的にこの方法を利用することでウンチは出るようになりました。

 

とゆう感じで長男のトイトレは完成しました。次は次男の場合を紹介します。

 

次男の場合

次男の場合も長男と同じよう上記で説明した3つの方法でおしっこについては習慣付けることが出来ました。

ですが同じように便が出ない…

そこで長男同様にお化け戦法を使うことに

ヒロりん
ユウ、ウンチしやなお化けさん呼んでくるで

うん。
ユウ(息子2才)
と笑顔であった。

それでは便も出ず、丸三日便が出ないこともあり浣腸することに、

液を入れた瞬間は笑っていた次男も何か様子がおかしいと苦悶の表情を浮かべおしりを押さえ泣き出しました。

トイレに座るとコロコロとした便がいっぱい出ました。次男は泣きながら便を出していました。

これは荒療治に使えるかもと考え、

ヒロりん
これ使うで。
と浣腸をみせると

いや、いや!!
ユウ(息子2才)

と泣き気張りだしました。その後無事に便が出てきまいした。

妻はあまり賛同はしてくれていませんが無事にウンチを出すことが出来ています。

 

長男、次男ともにこの方法でウンチが出るようになりました。

自然に出るのが一番ですが、荒療治もたまには必要かとおもいます。

ただ、ウンチが出た後はものすごく褒めてあげています。なによりもこれが大切だと思います。

 

トイレトレーニングに使用した商品について紹介しておきます。
このアンパンマンのおかげでトイレの空間を楽しんでくれていました。

次にトイレ中に足が床についていたほうが気張りやすいと知り、この商品も使用しました。

感想(3件)

スポンサーリンク

-未分類

© 2024 ヒロBLOG Powered by AFFINGER5