看護師が伝えるコロナウイルスと共存し、安全に子供と遊ぶ場所3選。

スポンサーリンク

どうもヒロりんです。最近はコロナウイルスのこともあり気軽に外出できていない現状です。

その中でも子供たちを外に遊びに連れて行ってやりたい!!と考えているお父さん、お母さんも多いと思います。

今回は看護師の自分が考える、比較的安全な場所について紹介していきたいと思います。

 

①屋外型の公園

屋外型の公園は言うまでもなく安全性は高いと思います。換気は十分にされています。

各々がレジャーシートや簡易のテントでも設置すればソーシャルディスタンスの出来上がりです。

ですがこれからの時期に注意しないといけないのは熱中症です。なので十分な水分補給を忘れずに行ってください。

 

②動物園、遊園地などの施設

動物園にしても遊園地にしても何か待たなければいけないときなどは、人と人の間隔をあけること、徹底的な手指衛生などきちんと感染対策がされています。また基本的には屋外であるため、感染のリスクは低いのではと考えます。

 

③キャンプ、コテージでの宿泊

自分の家庭以外との接触は低めであることから、感染リスクも低いと考えます。

またBBQなど普段と違うことなど行えることで子供たちのテンションも急上昇だと思います。

最近はグランピングというものがあり手軽にキャンプを楽しむことが出来るようになっています。

 

感想(847件)


これまで3つを紹介してきましたがいずれも自分が感染に気を付けていなければ意味がありません。

コロナウイルスは接触感染であり、感染をした人が触ったであろう遊具、食器などを自分が素手で触り、その手を鼻にもっていったり何かを食べたりすることで感染のリスクが高まります。

なのでマスクの着用とご飯を食べる前には徹底的に手指衛生をおこなってください。

コロナと共存していくためには徹底した感染対策が必要です。

正しく恐れていきましょう。

ではまた明日。

 

 

スポンサーリンク

-未分類

© 2024 ヒロBLOG Powered by AFFINGER5