職場での悩み、リーダーシップをとるために大切なこと3つを紹介。

スポンサーリンク

どうもヒロりんです。

今回は、職場での悩みの種であるリーダーシップのとり方について話をしていきたいと思います。

ある程度職場での働きにも慣れ、年数を重ねるとかせられるリーダー業務。

いざ自分がリーダーシップをとらないといけないとなると憂鬱になることもあるかもしれません。

ですがリーダー業務を任されるということは期待の表れでもあります。

そのようにプラスに考えることでやる気にも繋がり、自信にもなります。

これから紹介する3つのことを頭に常に考えながら行動することで周りからの評価も良い方向に変わってくるでしょう。

一貫性がある

まず大切なものとして、言っていることや行っていることに一貫性があることです。

主義や主張などにたいして統一感があるかどうか、矛盾していないかどうかが重要となってきます。

自分の働いている職場には、話す相手により話す内容がコロコロと変わる人もいます。

そのような人は結果的に信用を失っている人が多いです。どれだけ発言力のある立場の人間であり、上司であっても一貫性がなければ下の者はついていきません。

なので、自分の中で揺るがない部分を持ちながら生活、仕事をすることは大切です。

 

愛嬌がある

二つ目は、愛嬌がある、可愛げがあるということです。

可愛げのあるということは、攻撃を避けることができます。

もし自分が何かミスを見つけたとしましょう。そのミスをした相手が、愛嬌や可愛げがある人間。それとも不愛想な人間。どちらに対して攻撃的に言葉を発してしまうでしょう。おそらく後者に対してだと思います。

ずるいと思われることもあると思いますが、見た目だけではなく、言動に統一感があることが大切になってきます。

また他人に隙を見せることで、『守ってあげたい』と思わせることも重要です。

アウトプットする能力がある

3つ目はアウトプットする能力です。

どれだけいい考えがあってもそれを相手に上手く伝えることが出来なければリーダーシップを発揮することは出来ません。

考えが浅い人間であっても、アウトプットする能力が高ければ一見説得力のあるように感じてしまいます。

アウトプットを鍛えるには日々努力が必要となってきます。

自分が読んで良かった本について最後に紹介しますので見ていただけたらと思います。

 

上記3つを紹介してきましたが、

世の中には完ぺきなリーダーなんてものは極僅かな人間しかいていません。

それよりも、ミスをしながらも愛されるリーダーの方が周りの人間の共感を得ることができ、慕われる存在になるのではないかと思います。

 

 

感想(41件)

スポンサーリンク

-未分類

© 2024 ヒロBLOG Powered by AFFINGER5