【誰でも簡単になれます】デキる人の特徴4つを紹介します

スポンサーリンク

どうもヒロりんです。

自分の周りのは仕事のできる人が数人いています。どこの職場にも憧れるような存在はいると思います。

今回はその仕事ができる人に共通していることについて記事にしていきたいと思います。

 

デキる人とは

自分の中で仕事がデキる人と言うと、

① 仕事が正確で、ミスが少ない

② リーダーシップがとれていて自信に満ち溢れている。迷いがない。

③ 様々な知識が豊富で話をしていても飽きない

④ 時間内で仕事を終えることが多く、なおかつ周りの手伝いをしている

このような人のことを思い浮かべます。このような人は自分の上司にもいるのですが、自分よりも年下のスタッフにもいています。自分には到底かなわない人たちです。本当に尊敬しかない。

このような人たちに共通することは4つあることに気付きました。次からはその4つについて書いていきます。

 

1、やらないことを決める

「やらないことを決める」とは別の言い方をすれば、「自分がする必要性のないことは誰かに任せる」ということです。

何かを成すためにあれもしないといけない、これもしないといけないと考えていては何も前に進んでいけません。何故なら身体は一つしかないからです。そんな時は、自分が絶対にやらないといけないことは責任を持って行う。それ以外の自分でなくても良いことは他の誰かに任せることです。

これを仕事がデキる人は瞬時に考えて行動に移せているのです。

これには自分を客観的にみれる心の余裕も必要です。なおかつ周りの状況を正確に判断し、誰に任せるのが今はベストな判断なのかを見極める力も必要になってきます。

自分はこれを全部自分が行ってしまうところがあるので、仕事が減っていかないという負の連鎖に陥ってしまいます。

 

2、コミュニケーション能力が高い

このコミュニケーション能力も「やらないことを決める」に繋がってくるところもあります。何故なら人に頼みごとをするにはコミュニケーションが必要になってくるからです。

頼み事をする相手が自分より年上なのか、自分より年下のスタッフなのかによっても違います。また他の部署の人に頼みごとをしないといけないのかなどシチュエーションは様々。TPOに応じた対応が必要になります。

デキる人は特に腰の重い人をいとも容易く動かしてしまうのです。それには日頃からの人間関係も必要なのだとは思いますが、何より頼み方が柔らかいのです。「○○さん忙しいとは思うんですが、ちょっとこれを手伝ってもらえませんか?」などと行動を促しているのです。

腰の重い人に頼めるという勇気もいるのですが、それ以上に相手の気持ちを代弁しながらもお願い事を聞いてもらいやすくしています。

 

他にコミュニケーションというと話すことばかりに目がいくかもしれません。ですがコミュニケーションの基本は聞くことです。一方的に自分が話をしていてはそんなものはコミュニケーションではないからです。

自分から話をするのが苦手な人もいると思いますが、相手の話を聞きそれに対して共感し、自分が感じたことを相手に返してあげる。これができれば「この人は自分のことをわかってくれている」と人間関係は構築されていくのです。

こう見てみるとコミュニケーションとは「相手の話を聞き、それに対して共感する」ことが基本です。まずはこれから始めてみてください。

 

3、好奇心がある

好奇心というのは本当に大切なものです。

好奇心がない人は現状維持となってしまい、後退もしなければ前進もしません。というより自分としては現状維持な人は後退している気もする。

うって変わって好奇心ある人は、いろんなことにチャレンジしそれにより成功したり失敗をしたりします。

チャレンジすることで成功することができれば万々歳なのですが、失敗することもあります。むしろ失敗の方が多くあります。でもその失敗を次に活かせたり、その経験を誰かに伝えることが出来ます。

このように様々なことに好奇心をもって挑戦することで得るものは沢山あるのです。この経験が人となりを形成していき深みが出てきます。なので話をしていても楽しいですし、尊敬できる人となるのです。

 

4、問題や課題はすぐに解決する

デキない人は問題や課題を後回しにしがちです。なぜなら「そのことについて行動してもすぐに成果がでないから」であったり「ただ単にやる気が出ない」のです。でもこの「後回し」にすることで、何をしていても自分の意識が問題や課題に戻ってしまうのです。このことで無駄な意識をそこに使わなければなりません。

デキる人というのは真逆ですぐ問題や課題に取り掛かり、解決へと進めようとします。そうすることで無駄に意識を向ける対象を減らして、次から次と課題をクリアしていきます。

この意識する力「意志力」の量は決まっているのです。なので、できるだけ無駄に使うのを防ぐ必要があり、また蓄えることが大切。

意志力を使ったらまた充電できるようにし、自分をマネジメントできるようにすることが重要です。

 

最後に

今まで上げてきた4つのことを意識するだけであなたも簡単にデキる人になれます。

でも意識する必要があるので、そこはお忘れなきように。

ではまた明日、ばいばい。

 

スポンサーリンク

-マインドセット

© 2024 ヒロBLOG Powered by AFFINGER5