【知らないと損をする】『ahamo』のメリット、デメリットについて紹介

スポンサーリンク

ドコモのヘビーユーザーのヒロです。

なんと12/3にドコモの新料金プランの『ahamo』の発表がありました。

この新料金プランの概要や、メリットとデメリットについて紹介していきます。

 

ahamoの概要

ロゴ:ahamo(アハモ)

ahamoの意味

  • 未知の物事を瞬時に理解することを意味する「アハモーメント」
  • 「なるほど」という表現を英語で「AHA」
  • 楽しい時に笑う「アハ」

これらを踏まえて喜びや楽しさを感じてほしいという思いが込められているようです。

サービス開始時期

新規契約者については2021年3月からとなっているようです。

しかし、もともとドコモユーザーの人は2021年5月からとなるようです。

提供内容

月額料金 2,980円(税抜)
※別途ユニバーサルサービス料がかかります
月間利用可能データ容量 20GB
利用可能データ容量超過後速度 送受信時最大1Mbps
音声通話 1回あたり5分以内の国内通話無料
「SMS(1通あたり3円)」、(0570)(0180)などの他社接続サービス、(188)(189)の特番、番号案内、衛星電話などへの発信は対象外
5分をこえる国内通話は20円/30秒
ネットワーク ドコモの4G/5Gネットワーク

追加のオプションとしては以下のものがあります。

①データ容量の増加があります。1GBあたり500円です

②かけ放題もあります。こちらは1000円です。

※ユニバーサルサービス料とは1月2~3円かかってきます。

これにはユニバーサルサービス制度というものがあり、固定電話、公衆電話、緊急通報(110番や119番など)は、国民生活に不可欠なサービスとして日本全国あらゆるところで提供されるべきと法律で定められています。この3つの電話サービスのことをユニバーサルサービスといいます。そしてユニバーサルサービス制度とは、このユニバーサルサービスを提供するための費用を電話会社それぞれで応分に負担しようという制度なのです。

 

ahamoのメリット、デメリット

ahamo アハモ

メリット

①月額が格安である

何といっても月額が2980円というところです。大手3社と比較しても歴然の差です。Softbankやauもサブブランドで同じ20GBでも4000円前後となっています。これは抜きんでています。

②4G、5Gにも対応

ネットワーク回線はドコモのものを使用しているのできちんと4G、5Gにも対応しています

③2年定期契約や解約金の設定はなし

最近はどこの会社もこの縛りは無くなってきていますが、これがあるのはありがたいですね

④ⅾポイント3000Pがもらえる

キャンペーンサイトから先行エントリーを行い、新料金プランahamoを契約するとdポイント(期間・用途限定)3,000ポイントがもらえます。先行エントリーは12/3~行うことができます。リンク先を貼っておきます。

 

デメリット

①契約はオンラインのみ

契約は店舗では行えないので、オンラインが基本になります。これによって経費削減となっているのでしょうね。でもオンラインの手続きが苦手な方には大きな痛手になるかもしれません。

②個人での契約のみ

個人のみでの契約となるため、現在家族で契約しているユーザーや今後も家族で加入していきたいユーザーには向いていません。ですが今後家族で加入したいユーザー向けのプランも発表されるようです。

③キャリアメールは使用できない

キャリアメールとは「@docomo.ne.jp」で終わるメールのことを言います。なのでこのahamoに加入するとフリーメールを使う必要があります。ただキャリアメール自身使うことが少なくなってきているので、いらないかもしれません。

 

最後に

ここまでメリット、デメリットを書いてきましたが、さほど気になるものは無かったのではないかと思います。

自分的には家族プランも見てから決めようかなと考えています。

ではまた明日。バイバイ。

【時間で悩まないで!!】時間の無駄遣いをやめるために

スポンサーリンク

-未分類

© 2024 ヒロBLOG Powered by AFFINGER5