【労働はオワコン】これからの生活様式について言及します

スポンサーリンク

どうもヒロりんです。

近年、AIやロボット技術はすさまじい進化をなしています。それにより人間が行っていた単純労働を機械が行うようになるだろうと言われています。

本当にそうなるのだろうかと疑問に思うところですが、絶対に単純労働は無くなると思います。

それにより人の働き方や、暮らし方も変化していきます。

今回はこれからの生き方について記事にしていきます。

AIとは

AIは人工知能と言います。明確な定義はないとされています。広い定義としては、人間の脳がしている知的活動を行えるようにしたコンピューターシステムのことを指しています。

普通のコンピューターは、あらかじめプログラムされた通りの処理をしているに過ぎませんが、人工知能は、自律的に認識・学習・判断・推論といった処理を行いながら、相手や状況に応じた対応を行っていきます。

AIができること

・人間の脳では処理できないデータや経験を素早く処理ができる

・論理的な推論をしたりなど、知的な活動を行う

・生活の利便性や安全性の向上する

労働はオワコンなのか

AIやロボット技術は進化し続けています。身近なもので言えばロボット掃除機や自動車の自動運転などです。

これらにより自分たちの家事の手間が省けたり、車移動のストレスや事故も大幅に減ってくることだと思います。

働き口がなくなる?

労働の機械化が進むにつれ「AIに仕事が奪われる」「リストラされるかもしれない」と不安を感じている人は少なくないでしょう。

ですが心配は無用です。なぜならロボットやAIが進化してすると、そのロボットをメンテナンスする人間が必要になります。またAI業界ではインターネットやアプリの開発など、まだまだアイデアが必要な分野となっています。

過去にもIT革命により多くの仕事がなくなると言われていました。ですが蓋を開けてみればプログラマーなどの膨大な雇用がありました。

このように未来を見据えて考えたかを柔軟に持っていると雇用はまだまだ無くなりません。

労働が減ったさきの生活とは

農業をとっていえば、技術が格段に進むことで品種改良も頻繁に行われるようになります。また機械化が進むことにより人の手間を減らしつつ、収穫量が大幅に伸びていきます。その結果、野菜の価格が下がり生活コストも安くなってきます。

このように人間にとって「辛い」「面倒な」作業を機械が行ってくれることになります。そうなると人間には自由な時間ができます。その時間をいかに活用できるかで今後の生活にかかってきます。

好きなことに没頭するのも良いですし、新しいスキルを取得する時間に使うのも良しです。

先を見据えて行動できる人が成功します。常にアンテナを張り続けましょう。

最後に

今後近い未来で働き方 は大幅に変わると思います。その時に焦らず対応するためにも様々なスキルを身に着けておくようにしましょう。

きっと明るい未来が来るまずです。

ではまた明日。

スポンサーリンク

-ビジネス関係

© 2024 ヒロBLOG Powered by AFFINGER5