【母親の責任って…】赤堀容疑者のマインドコントロールで起こった事件について納得いかない

スポンサーリンク

なんだかモヤモヤしているヒロです。

少し前に起こった5歳児の餓死事件。

その事件の容疑者として

母親と、その母親をマインドコントロールした赤堀容疑者

がいます。

その両者ともに判決が下ったのですが、

母親は懲役5年、

そして赤堀容疑者が懲役15年とのこと。

赤堀容疑者が主犯で、この人がいなければ

このような事件は起きていない。

とのことですが、

ボクが納得いかないのは母親の懲役が

極端に短いのではないかと思うのです。

5歳の我が子を目の前で餓死させておいて

それはいかがなのもかと思っちゃいます。

 

人を殺してしまうほどの洗脳などされたことがないので

その影響などボクにはわかりません。

ただ自分の子どもを殺してしまう、餓死させてしまう

というのは親としての責任や愛情が薄かったのでは

と感じるのです。

自分の子を失い精神的にもまいってるのかもしれませんが、

赤堀容疑者との懲役の差がなんだか納得いかないんですよね。

 

ボクがどうこう言って何にもなりませんが

自分の子どもは自分たちが守っていこうと思います。

ではまた明日、バイバイ。

スポンサーリンク

-子育て

© 2024 ヒロBLOG Powered by AFFINGER5