【成功者へのショートカット】朝の時間の使い方が運命を分ける

スポンサーリンク

6か月前から朝活を続けているヒロです。

今から6か月前といえばボクが副業としてブログを始めだしたころです。

副業をしたいけど、家族もいるし自分の時間がない
と考えるかたが多いと思います。

かつてのボクも同じように考えていました。

ですが副業を継続するためには今まで通りの時間で暮らしていては、ダメだと感じ自分自身の時間を見直してみたのです。

そこで試行錯誤の末にたどり着いたのが、朝活なのです。

今回は朝活のメリットと朝活をするためのコツについて記事を書いていきます。

朝活している成功者

カップ, 実業家, 成功しました, ゴールデン, ビジネス, 成功, ファイナンス, 達成, 男, ワーカー

朝活をしている有名人を調べてみると、成功者が多数いました。

  • スティーブ・ジョブズ(元アップルCEO)
  • 村上春樹(作家)
  • ハワード・ショルツ(スターバックスCEO)
  • 織田信長(武将・戦国大名)

などなど成功者が多数いました。朝活だけが全てではないでしょうが、朝の時間の使い方を考えて行動されていたことに間違いはありません。

調べていてビックリしたのが「織田信長」がここに入っていたことです。

織田信長は朝4時に起きて馬に乗り、戦術を練っていたと言われています。(諸説ありますが…)

朝活のメリットは?

読書, 女の子, だけで, 緑, 自然, 読み取り, 肖像画, 幸福, 髪, 日没, 朝, 美しさ

朝活をすることによるメリットは3つあります。

脳がリフレッシュしていて、アイデアがいっぱい出てくる

人の脳というのは海馬という器官で寝ている間に記憶が整理されて、疲れもとってくれます。

そして、朝が一番脳が元気な時間なのです。ここを使う手はありません。

ここで読書をしたり、何かアウトプットすることができれば、最強の時間の使い方と言えるでしょう。

また1日のタイムスケジュールを組むことで、効率的に1日を過ごすことも出来るようになります。

誰にも邪魔をされない

朝の4時から5時台に家族が起きていますか?友人は起きていますか?

恐らくほとんどの人はまだ夢のなかじゃないでしょうか。この時間は誰にも干渉されることはありません。

なにか頼みごとをされたり、メールや電話が来たりすることがありません。

静かな場所で、自分だけの集中できる時間になるのです。

健康的な身体か手に入る

朝活をしようとすると、逆算して早く寝るようになります。

ボクの場合は4時半に起きるので6時間前の22時半には寝るようにしています。こうすることで夜更かしをすることがなくなり、仕事中も寝不足を感じにくくなりました。

また不思議とイライラすることが少なくなります。これも朝早くに起きていることで、朝からバタバタと動くことなく落ち着いて行動出来ていることが関係していると思います。

朝活するコツ

朝食, 健康, フムス, スプレッド, 全粒粉パン, 全粒小麦, 菜食主義者, ベジタリアン, 栄養

それでは朝活をだれでも出来るようになるコツを4つ紹介したいと思います。

朝30分でも良いから早く起きる

朝の起きる時間を30分でも良いから早く起きることを決めましょう。たかが30分でも1週間積み重ねれば3時間30分になります。

それを1か月続けると、14時間にもなるのです。たった30分がここまで大きく変わってきます。

30分が無理なら20分でもいいので、ひとまず自分の早く起きれる時間から決めていくようにしましょう。

ただ睡眠時間を削るのではなく、その分早く寝ることを心がけるとよりいいです。

春や夏の時期から始めてみよう

どうしても秋や冬は寒くて夜明けも遅いので、自然と起きるのが億劫になります。ボクもそうです。

ですが春や夏の時期になると夜明けも早いので、活動的になれます。

この時期を活用しない手はありません。

なので夏の時期に早起きする習慣を身体にしみ込ませてください。すると履歴効果というのもの効果により、体内時計がその時間を覚えてくれるのです。

そうなると目覚まし何てなくても自然と目が覚めます。

実際にボクは6か月続けていますが、目覚ましがなくても4時台に目が覚める身体になってしまいました。

朝食は必ずとる

ダイエットの為にと言って朝食をとらない方がいますが、朝活に関しては必ず朝食はとりましょう。

なぜかというと、最近の研究で「太陽光の光による明暗のリズムよりも、食事のリズムの方が体内時計に与える影響が大きい」ということが分かってきたからなのです。

また頭を使う、身体を動かすには糖分が必要です。なので、朝食をしっかりとって身体に栄養を与え、体内時計を規則正しく動かしてあげましょう。

ダイエットが…と思うのであれば、活動量の少なくなる夕食を制限すればいいのです。

夜の間に翌朝何をするか決めておく

動機付けができないと、人はなかなか動くことができません。

なので夜の間に、翌朝何をするかを考えておきましょう。そうすることで朝起きた時点で何をしようかというムダな時間を失くすのです。

目標がなくてもただ「本を読む」と決めるだけでも良いのです。

朝の時間に読書をするとすごく頭に入りやすいのです。そのインプットした内容をTwitterで呟いてみたりしてアウトプットしてみてください。

最低でも1日そのことが自分の中で定着します。

最後に

人の中には、夜型と朝型の人がいます。

なので無理に朝活する必要はないと思いますが、試しにやってみるのもいいかもしれませんね。新たな道が開けるかもしれません。

ではまた明日。バイバイ。

スポンサーリンク

-マインドセット

© 2024 ヒロBLOG Powered by AFFINGER5