【とても怖い】新型コロナウイルス陽性者との関りで感じたこと

スポンサーリンク

最近新型コロナウイルスの陽性者と関わったヒロです。

ボクは看護師をしています。

働いている病院では、新型コロナウイルスの検査をしています。なので感染の疑いがあり、なおかつ入院の必要性がある人が結果が出るまで入院している病棟があり、そこで自分は働いています。

先日そこで珍しく患者さんで陽性者が出たのです。

この時に感じたことについて記事に書いていきます。

やっぱりコロナは怖い

ボク自身は入院当初から関わっておりガウン、マスク、帽子、手袋と感染防止はしていました。ですが患者さんは咳もしていましたし、とても怖い気持ちで今この記事を書いています。

患者さん自身はしっかりされていましたが、酸素の値が悪く酸素吸入を行っていました。

少し動くと呼吸が苦しくなり、ご年配の方であるので重症化のリスクは本当にあるのだなと感じました。

この方は翌日にコロナの陽性者を受けている病院へと転院されました。

どうか回復されることを祈るのみです。

周りの反応が変わる

その患者さんが陽性とわかったときにボクは病棟で働いていました。

入院時に密に関わっていたのがボクだとみんな知っていたので、「○○君、大丈夫?」と言われるようになり、少し距離を感じました。

うちの病院のスタッフではまだ誰も陽性者が出ていないので、みんな警戒しまくりです。

自宅に帰ってこのことを妻に話すと、マスクの着用を義務付けられました。

子供がいるのでしょうがないことです。しばらくの間、ボクはほぼ感染者扱いです。

この仕事をしていたらしょうがないことなんですけどね…。

本当に行動を自粛して

この患者さん自身は仕事の都合上で大阪に行かなければならない方であり、しょうがない部分もあります。

ですがニュースなどでは、遊び目的で出歩いている人がまだまだ多いことが報じられています。

「コロナ慣れ」なんて言葉も出てきています。言わせてもらえば、「コロナに慣れてんじゃねぇ。もっと周りの人のことを考えて行動しろ!!」と言いたいです。

コロナに感染し、病院で亡くなった患者さんは死に目にも家族さんは会うことも出来ません。一人個室で亡くなる場合もあるのです。

そんな悲しいことありますか。自分の大切な人がそうなったらどうでしょう。

そこのところも考えて行動してほしいです。

最後に

今は自分自身が本当に感染していないかが、本当に心配です。

うちには子供たちもいるのでどうか感染していないことを祈りながら、日々体調をチェックしていこうと思います。

皆さんも体調には気をつけて。ではまた明日、バイバイ。

スポンサーリンク

-看護

© 2024 ヒロBLOG Powered by AFFINGER5