【これからの時代はゲーム】子供のゲーム時間について思うこと

スポンサーリンク

5歳の息子がゲームにハマりまくっているヒロです。

最近5歳の息子がSwitchのゲームにハマりだしているのです。

毎日のようにマリオカートをしたり、大乱闘スマッシュブラザーズ、どうぶつの森などなど様々なゲームをしています。

妻には「1日1時間だけだからね!!」と怒られながら遊んでいます。

でもこれからの時代「eスポーツ」というものがあるので、ゲームの立ち位置もまた変わってきています。

このゲームの時間について考えていきたいと思います。

eスポーツとは?

今さら聞けない「eスポーツとは何か」? ゲームがオリンピック種目になり得るワケ 優勝賞金は10億、日本でも「1億超え」|ビジネス+IT

eスポーツは「electronic sports」を省略した言葉です。

オンライン上で行うゲームスポーツを指しており、囲碁や将棋、格闘、レーシングといった様々なゲームが用いられます。

有名なeスポーツ関連会社としてGamewithがあります。

2018年にプロチームを初結成し、現在も「フォートナイト」といった世界的に有名なゲームのEスポーツチームを抱えるなど今後の活躍が期待されています。

ボクはよくYouTubeで「ネフライト」さんの動画を見ています。

ネフライトさんは主にフォートナイトの動画を投稿されており、プレイは上手いし、独特な話し方に引き込まれるのです。

また賞金も獲得されています。

ゲームには夢がある

夢, 雲, 睡眠, テキスト, ファンタジー, 想像力, リラックス, 魔法, 空, 青, ふくらんでいます

ボクが子供の頃には、「ゲームをしすぎるとバカになる」やら「ゲームしてるなら勉強しろ」などとよく言われていました。

ですが今では、YouTubeでプレイ動画を投稿したり、ゲームに参加し賞金を獲得するなど直接お金に結びつくことが多くなっています。

「好きこそものの上手なれ」という言葉があるように、得意な分野で生活していければいうことなしですもんね。

息子も今はただ楽しんでゲームをしている状態ですが、ゆくゆくは動画投稿なども教えていきたいと思います。

嫁には大反対されるかもしれませんが…。

最後に

子供へのゲーム時間はどこの家庭でも悩みどころかなと思います。

でもゲームで広がる未来もあるため、全部ダメとも言いずらいですね。

妻と協議をすすめていきたいと思います。

ではまた明日。バイバイ。

スポンサーリンク

-子育て

© 2024 ヒロBLOG Powered by AFFINGER5