【女性の心は難しいようでシンプル】女性と関わる時におさえるべきポイント3つ

スポンサーリンク

看護師として日々女性と接しているヒロです。

ボクは何度も書いていますが、看護師をして13年目になります。

看護師と言えば女性が活躍する場所です。現にボクの働いている病棟の7~8割は女性です。

こんな女性の世界で10年以上働いてきて、ある程度は女性というものが理解できてきました。

女の人と関わるのが苦手…

という人に女性と関わる時におさえるべきポイントを3つ紹介します。

そのポイントとは「いつでも主役はわたし」「悩みは聞いてほしいだけ」「女性は群れたがる」この3つです。

おさえるべきポイント3つ

いつでも主役はわたし

姫, クリスマスツリー, 新しい年, クリスマス, 休日, 飾り, クリスマス ツリー, イヤー, 装飾的です

まず大前提として女性に気持ちよく働いてもらうには、主役は女性に譲ることです。

特に40代から60代で独身の女性は「いつでも主役はわたし」で気持ちよくなりますね。ボクの病棟にいる方々が、もしこのブログを見ると怒られそうですが…。

偏見かもしれませんが、プライベートであまり満たされていない人がこの傾向は強く、効果的です。

その様な女性に「本当に○○さんがいてくれて安心しました」「○○さんがいてくれているから職場がまわる」「さすがです」と持ち上げると簡単にテンションを上げてくれます。

職場にいる難しい人ほど、承認欲求をみたしてあげるだけでいとも簡単に気持ちよく働いてくれます。

悩みは聞いてほしいだけ

実業家, 男, 恐れています, 怒って, 発表します, ボス, ビジネス, 従業員, 恐怖, 騒々しい

この経験は誰もがしたことがあるのではないでしょうか。ボクは何度も経験しました。

中間管理職もしているので、グチや悩みを聴くことが沢山あります。

「師長のやり方が気に食わない」「あの人と一緒に働きたくない」「仕事をやめたい」などなどよく聞かされます。

そんな話を真剣に聞いてボクの意見なども言うのですがあまり聞き入れてもらえないのです。

その話も終わり、すぐにその女性が師長や気に入らない女性と楽し気に話をしているのを見かけると驚きでしかありません。

ここでボクは学んだのです。女性というのはある程度の悩みは聞いてほしいだけで答えは求めていないと。

あとは服を買いに行ったときなどは本当に厄介です。

女性が2つ服を持ってきて「どっちが良い?」と聞かれることがあります。

この段階で女性はどっちが良いかは決めているのです。この時に女性と意見が一致すれば即購入となりますが、不一致の場合は「そっかー。」といってあからさまにテンションが下がり別の服を選ぶ始末。

このように女性はある程度の道筋をつけて話をしてくることが多いので、そこを探りながら対応すると上手く物事が進みます。

女性は群れたがる

女性, お友達と, 牧草地, 嘘, 女の子, バディ, 親友たちです, 友情, 美しさ, グループ, 幸福

女性というのはなぜかチームを作ります。

仲の良い子たちだけでグループを作り、そこに属さないと冷たい態度をとるなどといったことをします。

これは男性にはわからない習慣です。

この女性ばかりの環境で、男もその女性グループに属さないといけないかというとそうではありません。

特に属さなくても仲良くやっていけます。属さないことで様々な情報が舞い込んできます。

ですが気を付けないといけないことがあります。

それは誰と誰(どのグループとどのグループ)が仲が悪い、険悪なのかを把握しておくことです。

これができていないと、情報をむやみやたらに漏らしてしまい誰からも信用されなくなり孤立してしまいます。

なので聞いた情報で悪いことは漏らさない、グループ間が仲良くなるようなことは漏らすようにしましょう。

最後に

女性の世界は本当に面倒なことが多くあります。

でもその中に男が混ざることで良い方向に環境をもっていくことができることもあります。

なので逃げずに一緒に頑張っていきましょう。

ではまた明日。

スポンサーリンク

-ビジネス関係, 看護

© 2024 ヒロBLOG Powered by AFFINGER5