相手の話を引き出したいときに大切にしている3つのこと

スポンサーリンク

この頃、ス食してタッフの子たちと話す機会が多いヒロです。

新人の子たちが入職して早2か月が経ちました。

そこでその新人たちを指導しているスタッフが今どう思っているのかを聞いてみたのです。

本心を聞きだすために大切なことは3つあります。

  • 環境を設定する
  • 相手に興味を持ち、好意を示すこと
  • 相手の波長に合わせること

この3つです。

それでは詳しく見ていっちゃいましょう。

相手の話を引き出したいときに大切にしている3つのこと

環境を設定する

海, マングローブ, 日の出, ミステリー, 反射, 水, ベイ, 空, 雲, 熱帯, 植物, 自然, 風景

まずは環境を整えることが大事です。

ボクがスタッフに初め声をかけるときは、「ボクに10分だけ時間くれない?」と言います。

ある程度の時間を宣言しておくことで、相手があまり構えてこないようにしています。

また職場などの周りがガヤガヤしている場所ではなく、会議室など静かに話せる場所を設定します。

そして飲み物なんてものもあると、少し緊張が解かれるようです。

先日22歳のスタッフと話したときも、ボクが用意しておいたコーヒーを飲みながら色んな話をしてくれました。

あとは、座る位置です。

これも意外に重要なのです。

面と向かって座るよりは、少し間隔をあけ横同士の方が話やすかったりもします。

そして時々目線を合わせるなどのコンタクトをとっています。

相手に興味を持ち、好意を示すこと

マーガレット, 心, 木, アイビー, 花, シンボル, 植物, 愛, 白, 友情, 招待状, 愛情, 感心

自分に全く興味がなさそうな人に自分の話をしたいと思いますか?

もしそんな人がいてたら、それはただの話したがり屋です。

普通の人は自分に関心を持ってくれる人に心を開いていきます。

そうなるには極端に言うと「相手を好きになること」です。

相手が話してくれた内容に対して、しっかりとリアクションをとることが大切です。

例えば悩みの相談をされたとき、ボクはいつでもこう伝えてあげます。

「何があってもボクはあなたの見方でいたいと思う。だから思う存分やればいい」と。

話の内容があまりにもひどい場合は否定しますが、そうでなければある程度は肯定しています。

そうすることで相手との距離も縮まっていきます。

相手の波長に合わせる

ドロップ, スプラッシュ, 影響, 波紋, 水, 波及効果, 波, マクロ, 点滴, 液体, 表面張力, 表面

人によって話し方を様々です。

マシンガンのように早口で話す人もいれば、ゆっくり話す人、質問の答えが表現しずらい人。

そんな人たちの人それぞれに波長を合わせるのです。

ゆっくり話す人にはゆっくりとした相槌を。

早口の人にはレスポンスを早くする。

答えが表現しずらい人には、いくつかヒントを与えて一緒に答えを導き出してあげる。

などなど自分のスタイルに持ちこむのではなく、相手のペースに乗るようにするのです。

その方が、相手も居心地が良いのです。

最後に

最近は本当にいろんな人の話を聞くようになりました。

主任という役職になって、さらにスタッフが今どう考えているのかを知りたくなったのです。

それには会話をしないとなにも始まりません。

なので相手にいかに気持ちよく話してもらうかを大切にしながら日々生活しています。

もっといろんな人の話を聞き、自分も成長していきたいと考えています。

ではまた明日。バイバイ。

スポンサーリンク

-ビジネス関係, マインドセット

© 2024 ヒロBLOG Powered by AFFINGER5