【意外と知らない】ひな祭りは女の子だけのお祭りじゃなかった。

スポンサーリンク

嫁の実家にとても立派な雛人形があるヒロです。

本日3月3日はひな祭りですね。

このひな祭りは女の子の日として認識されていますが、本来はそうじゃなかったようです。

今日はひな祭りの起源やひな祭りに食べるものについて書いていきたいと思います。

ひな祭りとは?

無料イラスト] ひな人形 - パブリックドメインQ:著作権フリー画像素材集

ひな祭りは何のお祭り?

現代の人はひな祭り=女の子のお祭りと理解していると思います。

ボク自身もそのように理解してました。

でも今回調べてみるとそうではなかったのです。

本来は老若男女問わず、春を喜ぶ日だったようです。他には無病息災を願う行事として定着していたようです。

なぜ女の子の日になったのか?

では春を喜ぶ日が「女の子の祭り」の日になったのか調べてみました。

3月3日が、私たちに馴染み深いひな祭りへと変化していったのは江戸時代までさかのぼります。

大きなきっかけは江戸時代の初期、京都御所で行われた盛大なひな祭りとされています。

この影響で大奥の中でもひな祭りを行うようになり、それが少しずつ大衆へと広まっていったのです。

また現在のひな祭りの元になるのは「流し雛」です。

流し雛は自分の生年月日を書いた紙の人形に厄を移して川に流すという儀式で、今でも京都の下鴨神社で行われています。

これらの経緯もあり、ひな人形には女の子の厄を引き受ける役目があると考えられるようになりました。

ひな祭りで食べるもの

寿司ボール, 日本食, 食品, 皿, 料理, 食事, 寿司, 卵, 鮭, おいしい, アジア料理

ひな祭りを祝う際に必要なものに

  1. ちらし寿司
  2. ひし餅
  3. ハマグリのお吸い物
  4. 雛あられ

があります。

ハマグリのお吸い物はさておき、他の食べ物は色鮮やかでキレイなものが多いですよね。

さすが女の子のお祭りと言ったところ。

最後に

嫁の実家にはそれはそれは立派なひな人形があります。

この時期になると和室にでかでかと飾られているのですが、あっけにとられてしまいます。

ウチの子供たちは男2人なので少しも興味を持ちません。

いつか我が家にも女の子がきてくれないかなぁ。と思いながらひな人形を眺めています。

ではまた明日。ばいばい。

スポンサーリンク

-子育て

© 2024 ヒロBLOG Powered by AFFINGER5