【ポイントはたった2つ】人前で話すのが苦手な人へ

スポンサーリンク

人前で話しをするのが苦手なヒロです。

ボクは小さな頃から人前で話すのが苦手でした。

でも最近では、2つのことを意識するだけで、人前で話す事に少し自信がついてきました。

そのポイントとは

  • 原稿を必ず作る。
  • 人前で話すのが苦手であることをカミングアウトする

この2つです。

この2つだけで本当に気持ちが楽になるのです。

では具体的に見ていきましょう。

人前で話す事が楽になる方法

原稿を必ず作る

ワークステーション, 書類, プロジェクト, 科学, 研究, 知識, 興味深い, データ, 実験

まずは発表原稿を作ることです。

人前で話す事が苦手な人って

  • 自分の答えに自信が無い
  • 考えがまとまっておらず、途中で迷路に入り込む
  • 順を追って話す事が難しい

このような原因があります。

当のボクも全部あてはまってますから。

そこをクリアにするには原稿を作れば不安は解消されます。

初めはその原稿も箇条書きではなく、一言一句丁寧に話口調で書くのです。

それを繰り返していると、徐々に自信がついてきます。

慣れてくれば、何を話ししたいかのメモ程度の箇条書きだけでもしておけばいいのです。

ボクは今でも自分の言いたいことの箇条書きは、紙に書いて持っています。

人前で話すのが苦手であることをカミングアウトする

ブリキ缶, 話す, 話, マイク, することができます, 錫, 口, 言う, 通信, 文字列, 大声で叫ぶ

多くの人は、自分の緊張を隠そうとします。

でも隠そうとすればするほど、緊張は膨らんでいってしまうもの。

ではどうしたいいか。

それは「苦手であることをカミングアウトする」ことです。

それも発表の冒頭でオーディエンスに伝えるんです。

例えば「ボクはこういう場で話をするのが凄く苦手ですが、精一杯頑張りますので、お手柔らかに」

というように前置きをおいておくのも良いです。

そうすると、自然と肩の力が抜けて、話しやすくなるのです。

最後に

この2つのポイントを抑えるだけでとても気持ちが落ち着きます。

また自信をもって人前で話をすることができます。

もう一度ポイントを言っておきます。

  • 原稿は必ず作る
  • 人前で話すのが苦手であることをカミングアウトする

この2つです。是非試してみてください。

ではまた明日、バイバイ。

スポンサーリンク

-未分類

© 2024 ヒロBLOG Powered by AFFINGER5