【あなたがまだ知らない】人を褒めることで得られるメリット

スポンサーリンク

人を褒めることを習慣化していこうと考えているヒロです。

先日病棟を異動することになった時に様々な贈り物をもらったので、そのお返しの品を本日用意しました。

品だけでは寂しいのでメッセージカードを添えることにしました。

そのカードに感謝の気持ちを書く際に気付いたことは、人の良い部分を考えている時は、嫌な気分にならないということです。

むしろ楽しい気持ちになれたのです。

このことについて話していきたいと思います。

人を褒めること

幸せな少年, 子, 子供, 楽しい, 遊び心のあります, 幸せ, 若者, 若いです, 跳躍, ジャンプ

人の良い部分を見たり、人を褒めるためにはその対象者を十分理解しないといけません。

人を褒める前に気を付けておかないことが、3つあります。

  1. お互いの関係性を良好なものとしておく
  2. 相手の褒めてほしいであろうポイントを理解する
  3. 声掛けの方法もアレンジする

まず1つ目は「お互いの関係性を良好なものとしておく」です。

例えばあなたが嫌いな上司に急に褒められたとします。

素直に喜べますか?

それよりも普段から自分のことを理解してくれ、評価してもらっている人から褒められた方が数倍嬉しくないですか?

なので、まずは相手との関係性の土台を作っていくことが大切なのです。

そして2つ目は「相手の褒めてほしいであろうポイントを理解する」です。

的外れな褒め方をして、相手が喜んでくれなかったら悲しいじゃないですか。

なのでどうせ褒めるなら、相手の褒めてほしいことを褒めましょう。

そのためには、対象者の好きなこと、継続していること、努力していることについて理解を深めることが重要です。

最後は「声掛けの方法もアレンジしてみること」です。

褒め方にも方法が色々あります。

直接的に話しかける方法や、文字として伝える方法、誰かを介して伝える方法など。

相手のキャラクターによってアプローチの方法を変えてみてもいいでしょう。

ボク個人としては、文章として伝えられると嬉しいんですよね。

なぜかというと、何度も読み返すことができるからなんです。

このように人によってこれも様々なので、相手によって変えてあげるのも良いですね。

褒めることは自分も幸せにする

中心部, カード, パステル, 図, バレンタインの日, 愛, ロマン主義, ロマンチック, 恋慕

考えてみてください。

誰かの良い部分を考えたりしている時ってネガティブな気持ちになりますか?

絶対にならないと思うんですよね。

むしろ考えるだけで笑顔になったり、ワクワクしないでしょうか。

この感じを味わうには、定期的にメッセージカードを書くのもありだなと思ったのです。

幸いにもボクは職場では管理職をしています。

なので、頑張っている後輩や応援したい人などがいれば、月に1回でもメッセージカードを書いてみようと思ったのです。

相手から「お断りします」と言われたら即辞めますが。

そうならない限りは、いろんな人を褒めて自分も幸せになろうと思います。

最後に

人を褒めることは一石二鳥と言っていましたが、褒めているのを見た人も幸せになる可能性もありますよね。

なので、一石三鳥と言っておきましょう。

それ程、人を褒めるということは大切なことなのです。

ボクもこれからはもっと人に感謝し、その気持ちを十分に伝えていきます。

ではまた明日、バイバイ。

スポンサーリンク

-マインドセット

© 2024 ヒロBLOG Powered by AFFINGER5