【いじめは絶対にやめよう】気を付けないと報復をうけることになるよ。

スポンサーリンク

小学生の頃いじめを受けていたヒロです。

先日キングコング西野さんがVoicyの放送で「いじめ」について語られていました。

その時に「いじめられた方は絶対に忘れないし、いじめられていた方が大成すれば報復を受けることにもなる」と話されていました。

その放送を聞きながらボクの学生時代を思い返して納得しました。

では何があったのかボクも語らせてください。

小学校時代のいじめ

人, ホームレス, いじめ, 非表示, だけで, 悲しみ, 男性, 絶望, 茶色のみ

ボクは本当に内気な小学生でした。

まぁ今も陰キャなところは変わりませんが…。

ボクが小学生の低学年の時、上級生に威張り散らしている人がいたのです。

その人とは遊びたくはなかったのですが、遊ばないと無視をされたりするので嫌々遊んでいました。

そしてその上級生が小学校を卒業したため、やっと解放されると思ったのも束の間。

同い年の男の子が、その上級生の役をしだしたのです。

気に入らなければ暴言暴力は当たり前でした。

ボクが作った作品もつぶされるなど、めちゃくちゃでしたね…。

常に誰かに支配されている感じがあった小学生時代でした。

形勢逆転の中学時代

少年, ティーン, 男子生徒, 危険な, 険しいです, いじめ

でも中学に上がり形勢は逆転したのです。

そのきっかけは「バスケットボール」です。

中学に入りボクはバスケットボール部に入部しました。いじめっ子も一緒に…。

ただ上達したのはボクの方でした。

身長もめきめき伸びて見下すくらいになっていました。

中学1年生の後半くらいからボクはレギュラーにもなり有頂天。

そして自分たちの世代になるとキャプテンにもなり乗りに乗っていました。

そのいじめっ子というと、バスケットボール部では補欠であまり上達はしませんでした。

中学に入って少しの間はボクに詰め寄ることもありましたが、体格と人気を手に入れたボクは無敵状態でした。

その時の気持ちよさは今でも忘れません。

いじめから学んだもの

黄色, 壁, 女の子, 女性, 流行に敏感な, 人, 徒歩, ファッション, コピー スペース, 黄色の壁

いじめから学んだことは「人に同じようなことはしたくない」です。

中学時代に、バスケットボール部でいじめっ子をのけ者にすることもできたと思います。

でもボクがされて嫌だなと思うことは進んでしたくないなという考えができました。

正直いじめっ子の気持ちは理解できないです。

いじめられた経験は一生ボクの心に残り続けるでしょう。

でもこのいじめが今の自分の優しさを作り出してくれた一員になってくれているのなら、良しとしましょう。

最後に

いじめをされたことはよかったとは思いませんが、いじめられた人の気持ちはわかるので経験しておいてまだよかったのかなと思います。

ボクの子どもが、もしいじめられたら自分で立ち向かえるように援助してあげます。

ではまた明日。バイバイ。

スポンサーリンク

-マインドセット

© 2024 ヒロBLOG Powered by AFFINGER5