【人の感情は時間と距離感が関係している】父親の一周忌を迎えて考えたこと

スポンサーリンク

今日父親の一周忌を終えたヒロです。

父親が亡くなってもう1年が経つのだなとしみじみと感じています。

父親はもともと糖尿病の持病があるところにガンがみつかりました。

病院嫌いなこともあり、ぎりぎりまで病院に行かず、病院に行ったころには手の付けようがない状態でした。

最後まで自宅で過ごし、ガンと分かってから3か月程で他界しました。

母親にとても迷惑をかけながら、やり際はサッと死んでいくのは父親らしいなとも感じていました。

そんなことを言っていても、やっぱり当時は悲しかったです。

父親のことを思い出してしまうと泣きそうになる日が続いていました。

でも最近は悲しいのは悲しいですが、泣くまではいきません。

それはなぜかと考えたところ、時間と距離感が関係いているのだなと答えが出ました。

今日はこの時間と距離感についてブログを書いていきます。

人の感情は時間と距離感が関係している

パーティング, 休暇, 手, 距離, 愛, ほ, 添付

失恋した時や悲しい人との別れの際によく「時間が解決してくれる」というものを聞きます。

これは半分正解ですが、時間だけでは不十分。

その足りないものとは「距離感」です。

その人と離れている距離感と時間が様々な感情を薄れさしてくれるのです。

例えば、自分の親や祖父母を自宅で介護している人が疲れた時に使用できるサービスがあります。

これはショートステイというものなのですが、介護を必要とする人が一定期間施設に入所するというサービスです。

このサービスにより、預けている家族は少しの間リフレッシュすることができます。

普段の介護疲れや、イライラなどをお互いが離れた状態の時間があることで改善してくれるのです。

また嬉しいという感情も同じなのです。

嬉しいのは一定の期間だけ。その嬉しい物事や人から離れてしまうと感情は薄れてしまいます。

このようにすべての感情に「時間」と「距離感」が関係しているのがお分かりいただけたでしょうか?

最後に

父親の一周忌の日にまでブログのことを考えてしまっている自分が怖く感じています。

でもこの時間と距離感は間違っていないと感じています。

どうしても忘れたいこと等があれば、距離感と時間を意識していこうと思います。

ではまた明日。バイバイ。

スポンサーリンク

-マインドセット

© 2024 ヒロBLOG Powered by AFFINGER5