【こんな人になりたい】仕事も人望も獲得している人の特徴

スポンサーリンク

日々進化を諦めていないヒロです。

職場では自分も中堅からベテランの域に差し掛かっています。というか役職についてしまっています。今まで様々な病院でいろんな方と仕事をしてきました。

そんな自分の目から見ていて、仕事も出来て、人望もある人の特徴について記事にしていきたいと思います。

 

仕事がデキ、人望も獲得している人の特徴

他人のことを考えられる

①適材適所に振り分ける

適材適所とは、「人を、その才能に適した地位・任務につけること」を意味します。

出来る人というのは、部下や上司がどのようなことを得意としているか、また不得意であるのかを理解しています。その能力を知れば知るほどにその人に必要な役割を与えることができるからです。それによってチームが円滑に回っていくのです。

反対に優れたリーダーシップが発揮できない人というのは、他人の出来ないことに目を向けてしまいます。その苦手なところを出来るようにしようと躍起になってしまいます。それではチームの歯車は上手く回っていきません。その結果人望も失っていしまいます。

②視野が広い

「人の為にこれがしたい」と強く願い視野を広げていると、思いがけずに良い発見に恵まれることもあります。またこのようなマインドでいることで、たくさんの協力者に出会うことも出来ます。

この出会いに気付けない人もいます。それは視野が狭くなり、人にへの関心が少ないことや感謝の気持ちが少ないからでもあります。目線を高く保ち、アンテナをビンビンに張らせていることで、いろんな変化に対応することも出来るのです。

 

必要でないもの、やらないことを判断できる

①「やならいこと」を判断できる

仕事のデキる人ってなんでもこなせるイメージってあるじゃないですか?でもそれって半分あってて半分間違っているんです。

なぜなら、何でもかんでも自分でしてたら仕事なんて山積みになって終わらないからです。そうならないためにもチームがあるんです。自分がしなくてもいいようなことは他のメンバーに任せたり、その作業が得意なスタッフに頼んだりします。

このように「今自分がやらなくても良いこと」を瞬時に判断し、指示をだすことが必要になってきます。

 

②整理整頓ができる

まずは出来る人は作業スペースが整っています。誰でも出来ると思われるかもしれませんがこれが意外に難しいのです。自分もついつい、忙しくなってくるといつの間にか机の上がごちゃごちゃになってしまいます。

この中から必要なものを探すだけでひと手間かかってしまうため、より時間がかかってしまうのです。また「作業スペースがきたない」という気持ちも脳を使ってしまうことになるので効率が落ちるのです。

そうならないためにもコマメに、片づけておくことが大切なのです。

コミュニケーション能力が高い

①聞き上手

コミュニケーションって「話す」ということよりも「聞く」ことが重要なのです。相手の話をゆっくりと聞いてあげることで信頼関係が構築されていきます。人間関係が構築されていると、日々の業務などで依頼したい内容を頼むときも快く受けてくれたりもします。

常日頃から、スタッフの変化に敏感になり声掛けをしてあげることが重要なのです。「大丈夫?」「疲れてない?」「いつもありがとう」この言葉だけでどれだけの人が救われるでしょう。

②知らないことは素直に聞ける

バカすぎる上司には誰もついていこうとする人は少ないと思います。やっぱり一般的な教養は必要です。ですが会話のなかで知ったがぶりをする人もいます。バカにされたくないと、知っている風に装ってしまう方もいると思います。

中国の思想家、孔子は「知っているものは、知っているものとし、知らないものは知らないものとする。それが知るということだ」と述べています。自分が知らないことを認めることが成長の第一歩なのです。

知らないことがある自分を偽らず、素直に認めて、知識を会得していきましょう。

これが少しおバカでも、愛される秘訣だと思います。

 

最後に

仕事のデキる、デキないは人それぞれ基準はあると思います。

今日書いてきた内容は自分の中で大切かなと思った内容です。少しでも参考にしていただけたらと思います。

ではまた明日。ばいばい。

スポンサーリンク

-ビジネス関係, マインドセット

© 2024 ヒロBLOG Powered by AFFINGER5