【看護師の世界は生きにくい】女性社会の中で男性が管理職になることについて

スポンサーリンク

男性管理職として頑張っているヒロです。

ボクは看護師をしています。

病棟の看護師は全体の7割方が女性です。管理職となるとボクの病院では40名中3名しか男性の管理職はいません

これほどまだまだ看護師は女性社会なのです。

そんな中ボクは去年から主任として働いています。

日々骨の折れることばかりで、少しやる気を失っていました。

しかし、一人のスタッフがきっかけで管理職としてのモチベーションが上がりました。

そこで、異性が多い職場で働いている管理職のあるべき姿というのに気づかされたのでそこをブログに書いていきます。

男性看護師の割合は?

肖像画, 男, 男性, 人, 大人, 顔, ハンサムです, 若いです, 1 つ, 髪, 魅力的です, モデル

厚生労働省による「平成 30 年衛生行政報告例(就業医療関係者)の概況」では、

男性看護師の割合は7.8%となっており、女性看護師の92.2%に比べるとまだまだ女性が圧倒的に多いんです。

看護師の管理職への待遇の悪さ…

お金, 財布, ファイナンス, 現金, ビジネス, 人, 手, 男性, 金融, 背景, ホワイト, 革

管理職になるともちろんのこと仕事量が増えます。

ですがそれに見合った給料ではないのです。

ハッキリいますが主任手当は1万円程ですからね。

総支給額何てほとんど変化がありません。というかむしろダウンです。

何故なら、ボクの働いている病棟の管理職は残業申請をしていないからです。

就業時間が過ぎたらタイムカードを押しているのですよ。スタッフには残業申請はさせていますが。

絶対に残業申請してやる。というのが今後の目標です。

異性が多い職場で働いている管理職のあるべき姿とは

男, 企業, 実業家, スーツ, ネクタイ, 通り, 都市, 市, 成功, 大人, マネージャー, 男性, 人

ボクが働いている病棟には男性看護師が7名ほどいます。

最近4年目の男性看護師との会話で、ボクのあるべき姿が見えてみました。

10年以上のベテラン看護師が2名いますが管理職にはなりたくないと、そろって言っています。

スキルや知識はピカイチなのですが、一匹オオカミ的な部分があります。

その中で育ってきた残りの男性看護師は、「管理職=夢の持てないもの」というように思っていたとのこと。

でもボクがここの病棟に異動になってきたことで、少し希望が持てるようになったと言ってくれました。

何故なら、ボクが新人の指導に関して気にかけていたり、職場環境改善に向けて動いているのが今までの男性看護師になかった部分だったからとのこと。

このことから、異性のスタッフに理想とされるよりも、まず同性のスタッフに理想とされる管理職になろうと思いました。

看護師とは女性の世界です。

そこで男性がいかに活躍するのかを後輩に見せてあげるのがボクの役目であると感じています。

最後に

ボクが新人時代には、周りに男性の管理職はいませんでした。

どちらかと言うと、自由人が多かったのです。

それもあったのか自分が管理職を目指す気もありませんでした。

ですが、去年主任にならないかと声をかけてもらい主任をさせてもらっています。

主任になったからには、新人の子たちに希望を与えてあげられる管理職になるよう努力していきます。

でがまた明日、バイバイ。

スポンサーリンク

-ビジネス関係, 看護

© 2024 ヒロBLOG Powered by AFFINGER5