【今日は結婚記念日】男性視点から見る結婚したいと思わせる女性の3条件

スポンサーリンク

本日結婚して8年目になるヒロです。

8年前の2013年5月6日という連休の最終日に結婚式を上げました。

今では2人の子どもと妻のお腹の中には新しい命が芽生えています。

ただボク自身は20代前半のころはあまり結婚願望がありませんでした。

そんなボクがなぜ結婚しようと思ったのかについてブログを書いていきます。

最近の結婚適齢期は?

結婚適齢期について調べてみるとこんな資料がありました。

このように初婚で見ると男性では27歳、女性では26歳がピークのようです。

30歳を迎えるころには5~7割が結婚しているんですね。

周りをみてみると30歳でも結婚している男性や女性が少ない気がしますが…。

まぁ平均的にはこうなんでしょうね。

男性視点から見る結婚したいと思わせる女性の3条件

価値観が似ている

コイン, 通貨, 投資, 保険, 現金, 銀行, 金融, ビジネス, お金, 成功, お金の概念を保存します

一番は価値観が似ている人です。

お金、笑い、子どもにたいする接し方、仕事などなど挙げていけばキリがありません。

でも一緒に生活していくうえで外せないのが、お金と子供だと思います。

まずお金です。「金の切れ目が縁の切れ目」という言葉があるようにやっぱり生活するうえでお金は大切です。

ボクと妻は同じ職業をしており、もらっている給料も大体同じでした。

また育ってきた環境も似ている部分もあるため、生活水準も似ていたのです。

なのでお金の部分でケンカをしたことはありませんでした。

次に子供です。家庭を築いていくうえでは欠かせない存在です。

その子供に対しての教育観であったり、子育ての方法が違い過ぎるとケンカの種のなっていしまいます。

なので、結婚前に子供について話してみるのは良いと思います。

礼儀が正しい

人, ビジネス, 会議, 営業会議, 人の協力者, 契約, 男性, 女性, 専門家, オフィス, 従業員

次に大切なのは、礼儀の正しい女性です。

付き合っているだけなら、可愛くて少しおバカさんでも許せてしまいます。

でもそれが結婚相手となると別です。

友人や家族に紹介することになります。

また子供ができれば、ママ友などとも関わっていかなければなりません。

こうなると妻が世間の人と関わっていくことが多くなりがちです。

母の評価が家庭や子供の評価にもつながるため、一定の礼儀ができていないとボクとしては心配材料になります。

自分をしっかり持っている

品質, 手, 女性, トレーニング, 現在, 資格, 素晴らしい, たいへん良い, 才能, 資産, アート

最後は自分の考えをしっかり持っていることです。

一昔前は「亭主関白」なんて言葉がありました。

でも今では死語です。

職場の家庭を見てみるとそんな家庭は一切なく、むしろ妻の方が強い家庭の方が多いのです。

ボクの性格がマイペースだからかもしれませんが、妻はしっかりしています。

お金面のことはほぼほぼ妻が牛耳っています。

またこれからは共働きをしていかないとやっていかないといけない時代です。

なので自分で働いていけるスキルを持っていれば強い味方となります

最後に

結婚相手に求めるものは色々あるかもしれません。

でもボクの考える条件はこの3つになります。結構わかってもらえる人も多いはず。

今日は妻に感謝し1日過ごしていきたいと思います。

ではまた明日、バイバイ。

スポンサーリンク

-未分類

© 2024 ヒロBLOG Powered by AFFINGER5