【ボッチのカフェ巡り】レトロな喫茶店へ初潜入の巻き

スポンサーリンク

ボッチでカフェ巡りをするのが趣味になりつあるヒロです。

今回はカフェではなく喫茶店に行ってみました。

その名もみきです。奈良県御所市にある喫茶店です。

いかにも昔ながらの喫茶店という感じの名前ですよね。

ではどのようなところであったのか書いていきます。

店内の様子はレトロそのもの

店内はコンパクトであり、4人掛けの席が7席ほどでした。

ボクは9時前に店についたのですが、一番乗り。

ボクがついてすぐに他のお客さんが来られました。

地元の方という感じのおじさんが1人、2人と来店。

馴染みのお客さんという感じで、店主の方とメダカの話やゴルフの話で盛り上がっていました。

お店についてすぐにお水とおしぼりタオルを持ってきてくれました。

店内はBGMなんてものは無く、ラジオがかかっていました。

期待を裏切りませんね。

卓上に今は珍しい灰皿があったので、分煙何てものはなく、おじさんたちがスパスパと煙草を吸われていました。

タバコが嫌いな人は避けておいたほうが良いかもです…。

モーニングはコスパが良すぎる

メニュー表を見てビックリ!!

なんとモーニングは400円!!

それに朝の6時から営業しているとのこと。

店主にモーニングを注文してどんなモーニングが来るのか、ドキドキしっかりと…

「チン」とトースターの音が聞こえました。トーストにバターを塗る音が響いています。

そこから間もなく店主がモーニングを持ってきてくれました。

耳が切られた分厚いトーストにバナナとゆで卵にコーヒー。

トーストは可もなく不可もなくと美味しいものでした。

そしてゆで卵はしっかりとした大きさのものです。

ボクがビックリしたのは、卓上にある塩の瓶の中にコーヒー豆が入っていたのです。

何故かと調べてみると…

 

コーヒーはしっかりと熱く濃いもので美味しかったです。

帰りに会計をしようと店主のところへ行こうとすると、店主からこちらに。

伝票もなかったのでとりあえず400円渡すと、「ありがとうございました」と笑顔で。

まさかの消費税込みの値段だったの!!と驚きながら店を出ました。

店主の愛嬌はバツグン

ネットの情報では2人の夫婦で切り盛りされていると書かれていたのですが、70~80代の旦那様一人でお店をされていました。

奥様に何かあったのかな?と思いながらしみじみ感じていました。

スタッフは旦那様一人であり、お客さんのいろんな話に合わせて相槌をうたれていました。

馴染みのお客さんがお会計したときに、「あれ?マスターおつりは?」との一幕が。

お互いに笑いながら、店主も「ごめん、ごめん」と店内がほっこりしていました。

ご高齢でもあるようなので、身体に気を付けて頑張ってほしいものです。

最後に

カフェも良いですが、喫茶店も良いなと感じました。

またいろんな喫茶店にも潜入したいと思います。

ではまた明日、バイバイ。

スポンサーリンク

-カフェ巡り

© 2024 ヒロBLOG Powered by AFFINGER5