【死亡したケースも!?】5歳以下に節分の豆を食べさせてはいけない理由

スポンサーリンク

身体の中の邪気を追い出したいヒロです。

今日2月3日は節分ですね。

我が家では

鬼のお面と豆がちゃんと用意され、

6歳と4歳の息子は臨戦態勢。

ですが、ニュースでこんな話題が!!

豆を食べて窒息したケースがあるとのこと。

なぜそんなことが起こるのか調べてみました。

なぜ、豆を鬼に投げるのか

悪魔, マスク, サタン, ロースト, 豆, 節分, お祭り, 日本

この鬼に豆をなげるという習慣ができる要因となったのは平安時代にあるようです。

都にやってきた鬼に対して毘沙門天のお告げにより、

炒り大豆を鬼の目に投げつけたところ、鬼を退治できたという逸話があるようです。

豆には悪霊を払う力が宿っていると考える民間信仰がその背景にあるようで、

「魔(鬼)の目」をつぶすため、「魔(鬼)を滅する」など、さまざまな語呂合わせで言い伝えられています。

このことが要因となり鬼に豆をなげるという習慣が出来たんですって。

なぜ、豆をたべるのか

お食事, 人参, 豆, 健康, 当然, 冷凍野菜, 料理, 皿

ではなぜその豆を食べる必要があるのか、ということも調べていきました。

年の数よりもひとつ豆を多くたべると「やくおとし」ができると言われています。

また大豆にはタンパク質が多く含まれています。

なので子どもたちの成長、発達に良いとされています。

5歳以下が豆を食べてはいけない理由

質問, 疑問符, 世論調査, 問題, テスト, ソリューション, 考える, 学ぶために, 神秘, 事実

では本題に入っていきます。

なぜ5歳以下に節分の豆を食べさせてはいけないのか?

その理由は、

奥歯がはえそろっていないため、固いものを上手く噛み切れず

そのまま飲み込み窒息してしまう危険性があるから」とのことです。

確かにうちの4歳の息子は固い食事があると

極端に食べるスピードが落ちます。

 

でもここでボク的に考えたのは、

1つ食べては水分で口の中をクリアにしてあげれば

大丈夫なのではないかなと思います。

まぁ我が家の息子たちには

そのようにして食べさせるつもりです。

というか、

去年は普通に食べてましたからね。

最後に

ひとつひとつ気を付けるのは良いこと。

でも過剰に反応してしまうのも…と思います。

では良い節分を。

また明日、バイバイ。

スポンサーリンク

-子育て

© 2024 ヒロBLOG Powered by AFFINGER5