【あなたの身近にもいる】何をやっていても憎まれる人の特徴3つ

スポンサーリンク

憎まれっ子の教育係をしているヒロです。

ボクは管理職をしているのですが、

現在、中途採用者の教育係をしています。

まぁそのスタッフが天性のスキルを持っているですよ。

そのスキルは

周りにいる人を自然とイラつかせる」です。

なぜこうなってしまうのかをずっと観察してきて分かったことを

ブログに書いていきます。

何をやっていても憎まれる人の特徴3つ

拒絶, 嫌いなもの, 親指, 悪い, フィードバック, 下, 失敗, ネガティブ, 意見, 指, 嫌悪感

イラつかせているという自覚がない

メインで教育係をしているのはボクですが、

毎日ボクが一緒にいるわけではありません。

ボクがいない時は別のスタッフにお願いすることになるのですが、

その時に結構きつく言われているとのこと。

なので、憎まれっ子スタッフと面談をしたときに

「人間関係で辛いことはない?」と聞いてみたのです。

すると

全然大丈夫です。皆さん優しくしていただいていて」とめちゃくちゃ笑顔。

表情や言葉から全然強がっている感じはなく

本心で言っているのだと感じたときには

こいつは「周りの気持ちに全然気づけていない」と確信しました。

まぁ周りの気持ちに気付いていれば、ひょうひょうと働けていないと思います。

何も考えずに発言する

普通は目上の気難しい人と話をするときって

「これって言っても大丈夫かな?」とか考えると思うんです。

でも、このスタッフは本当に何も考えずに発言する。

気難しい人が、ボクにと話をしている時に

ボケてきたのです。

ボクは笑っていると、横からこのスタッフが

それってボケてはるんですか?」とニタニタ笑いながら割り込んできたのです。

その場の空気が凍ったのは言うまでもありません。

この後にその子に

「ボケている人にボケてるんですか?なんていうもんじゃないよ、

あの場の雰囲気すごいことになったやろ?」と伝えると。

「そうでしたか?」とケタケタと笑っているのです。

もう手の施しようがありません。

仕事ができない

どうしても、働いていると

仕事のできる人、できない人がいます。

仕事のできない人の中でも愛嬌があれば何となく乗り切れます。

ですが、愛嬌もなく仕事もできなければ救いようがない。

すると余計に職場での立場が悪くなっちゃうんですよね。

せめてでもちゃきちゃき動ける人であれば…と願ったことは少なくないです。

最後に

このスタッフを育て上げるには

相当に時間がかかると思いますが

諦めずに頑張っていこうと思います。

ではまた明日、バイバイ。

スポンサーリンク

-未分類

© 2024 ヒロBLOG Powered by AFFINGER5