【妊婦の新型コロナウイルスワクチン接種】2回目の接種後の副作用は?副作用はいつから?

スポンサーリンク

妻のワクチン接種に付き添ってきたヒロです。

妻は35週目の妊婦です。

9月の上旬に第1回目のワクチン接種に行ってきました。

その時の様子はこちらに⇩

そして先日2回目の接種に行ってきたのです。

その時の様子と、副作用の状態を記事にしていきます。

ワクチン接種会場は?

接種会場は前回と変わらず、今は運用していない銀行でした。

入ってすぐに体温測定と問診がありました。

主治医の先生から許可はありますか?」とか「主治医の先生の名前は?

などを聞かれました。

その後接種ブースへ誘導、接種される人は一方方向向かってに座り、

接種する医師がキャスター付きの椅子に座りながら回ってくるといった感じです。

ボクは付き添いだったので、会場の端の方に座らせてもらいました。

集団接種って効率を考えて実施されているなと感じました。

求人で見たのですが、看護師さんの時給は2500円程みたいですよ。

妊婦の扱いは特別

妊娠中, マタニティ, 母親, 母性, 期待, 妊婦, 女性, 妊娠, 腹, 赤ちゃんのバンプ, 赤ちゃん

会場には60人ほどいてましたが、

妊婦さんは数人といった感じでした。

妻は妊婦と周りにわかるように、ピンクのカードを持たされていたので、

接種する前からスタッフの人がしきりに状態を気にしてくれていました。

リクライニングの椅子がありますよ」とか「辛くないですか?」などなど

めちゃくちゃスタッフの方が気にかけてくれています。

逆に申し訳なく思うほどに。

15分間異常がないのを確認し、帰っても良いとなった時も

「元気な赤ちゃん産んでくださいね」とか「お腹触らしてもらいたいけどアカンしね」

「旦那さんもいろいろ手伝ってあげてください」など

数人に囲まれ、温かい言葉を頂きました。

なんか、ほっこりとしました。

2回目接種の副作用は?

疾患, 寒い, インフルエンザ, 薬, 健康, ハンカチ, 発熱, 温度, 温度計, フィーバー, 悪寒

妻は夜の20時にワクチンを接種しました。

その直後から、接種部位の痛みは少しありました。

でもそこまでは痛くなかったのでそのまま睡眠。

接種後の12時間後の体温は36度と平熱です。

ですが、徐々に身体を動かすのが辛くなり

寒気が出だしたのは、接種後16時間後からでした。

そして一番恐れていた高熱が!!

接種後18時間をこえた、14時ごろに37度の発熱が。

まだ解熱剤を飲むのは早いだろうと、昼寝へ。

そして17時には38.1度まで上昇したので、

高熱が出た時ように産婦人科でもらったカロナール500㎎を1錠内服。

しばらくすると薬が効いてきたのか解熱しました。

接種後2日目となるともう症状はなくなったとのことでした。

最後に

妊婦さんは新型コロナウイルスに感染してしまうと重症化してしまう。

というのがあるので、我が家は接種しようということになりましたが

ここまで辛そうな妻をみると、おなかの赤ちゃんは大丈夫かなと心配になりました。

まぁあとは元気に産まれてくれるのを

首を長くして待っておきます。

ではまた明日、バイバイ。

スポンサーリンク

-子育て

© 2024 ヒロBLOG Powered by AFFINGER5