【乳歯を再生医療に!?】今後乳歯はどうするべきなのか?

スポンサーリンク

乳歯について夫婦で語ったヒロです。

先日妻との会話で

妻
乳歯って最近どうしてるか知ってる?

屋根の上に投げたりとか?
ヒロ
ヒロ

妻
今は乳歯を保存する時代らしいで。

そんなん気持ち悪いやん!
ヒロ
ヒロ

というがありました。

そして話を進めていく中で、今後乳歯が再生医療に使われていくかも。

ということを知ったので調べてみました。

乳歯は再生医療に使われる?

笑う, 子供, 女の子, 顔, ハッピー, 人々, ブロンド, キャップ, 可愛い, 目, 歯の隙間, 乳歯

調べてみると歯を保存する目的は

  • 歯の再生治療のため
  • 本人や家族の脳梗塞・脊髄損傷の治療のため

というものがありました。

どちらも現在広く行われているものではなく、

今後技術が発展していった後に再現が可能になるだろうとされています。

歯の再生治療のため

これは健康的な歯を専用に保存しておいて、

抜歯などをした部分に、自分の歯の細胞を培養し

同じ歯を再生できるようになるかもとのことです。

本人や家族の脳梗塞・精髄損傷の治療のため

乳歯には歯髄というものがあります。

その歯髄には幹細胞があり、特に骨や血管、心臓の筋肉などを作るのに大切な役割をしています。

この歯髄が脳梗塞や脊髄損傷の治療に役立てれば画期的ですよね。

これらの疾患は、運動機能に障害が残ります。

これがクリアになれば寝たきりの人も減るでしょうね。

再生医療に用いるための保存方法は?

タンポポ, ガラス, 種子, 保存, 自然, 自然保護, 遺伝学, 植物遺伝学, 苗, 環境, 再起動

調べてみると再生医療に乳歯を使うためには、

保存方法がしっかりしていないとダメとのことです。

なので家庭で保存ケースなどを買って、保存するだけでは再生医療に使えません。

ではどうすれば良いか?

それは歯髄細胞バンクで保管してもらうのです。

抜歯した乳歯や親知らずから良質の歯髄幹細胞が採取し

それを-150℃以下の液体窒素タンクで凍結保管するようです。

費用は?

ボクが見たセルテクノロジーさんでは、

歯1本に対して10年間で30万円必要とのことです。

10年が経過し、さらに更新するとなれば10年間で12万円必要とのこと。

こうみると高額にみえますよね。

月換算でみてみると

  • 登録から10年間は月々2500円程度
  • 更新すると月々1000円程度

となります。

こうみるとそこまで高い出費ではないような気もします。

気になる方ようにリンクを貼っておきます。

最後に

調べてみると、ボクには到底理解できないことが

現実に起きようとしているんです。

子ども達のためにも

スポンサーリンク

-子育て

© 2024 ヒロBLOG Powered by AFFINGER5