【久しぶりの家族で外出】安産祈願で有名な帯解寺に行ってきました。

スポンサーリンク

久しぶりの外出でテンションの上がったヒロです。

今日は我が家の新しいメンバーである。妻のお腹の中にいる赤ちゃんの安産祈願に行ってきました。

長男と次男の時には兵庫県の中山寺にいていたのですが、新型コロナウイルスのこともあるので遠出はせず、近くにある帯解寺に行きました。

帯解寺の様子や、近くの公園(唐子・鍵遺跡史跡公園)でも遊んだのでそこの紹介をしていきます。

帯解寺

どこにあるのか?

場所は奈良県の奈良市今市町にあるお寺です。

大通りから一本なかに入っていくと、駐車場まで車一台が通るのがいっぱいいっぱいの道が数か所あるので要注意です。

駐車場からすぐ近くにお寺があるので狭い道さえクリアできればこっちのものです。

お寺のなかも大きすぎずコンパクトな感じ。

行ったのが日曜日であったのもあるのか、大阪や京都など様々なところからも祈祷に来られていました。

どんなお寺なの?

帯解寺の資料によると、

文徳天皇の御妃染殿皇后(藤原明子)が永い間お子様が生まれず、大変お悩みの折、祖神春日明神のお告げによって、

早速勅使をたてられて帯解子安地蔵菩薩にお祈り遊ばされたところ、

まもなく御懐妊、月満ちて惟仁親王(のちの清和天皇)を御安産になられました。

 

これらのことから、安産祈願求子祈願の有名なお寺となったよう。

確かに来られている方は夫婦や家族ずれが多かったです。

ちょっとしたハプニングが発生!!

少し前に行った際に安産祈願と腹帯は購入したので、今回は参拝とおみくじをしました。

妻が急に「おみくじがしたい!!」と言い出し、おみくじを引きました。

引きましたというか、100円を機械に入れるとおみくじがボトン!!と出てくる仕組みでした。

そしておみくじを見ると…でした。

妻は絶句、特にショックだったのが「待ち人は来ず」のようでした。

そしてボクに「パパもおみくじしてみて!!」と言われたのでボクもおみくじを引くことに…。

結果は「吉」でした「待ち人は来る」だったので妻は一安心。

「50%50%やな」と言っていました。

「不安になるなら、しなければいいのに…」と言いたいのをこらえるのが必死でした。

そしてこんな感じに絵馬を書きました。

絵馬をお寺に飾りお祈りをしたのち帯解寺をでました。

唐子・鍵遺跡史跡公園へ

最近ボクが休日に仕事が多かったため、どこも行けていませんでした。

なので、帯解寺からの帰りに「公園に行こう」と言うと子供たちは大喜び。

公園につくまでの車のなかはうるさくてしょうがなかったです。

どのような場所なのか?

この公園は奈良県の田原本町にある公園です。

最近キレイになり道の駅も出来ました。

気温も暑すぎずちょうど良かったです。

着いた頃にはちょうど昼時だったので、レジャーシートを敷いて4人でランチをしました。

普段ご飯の食べる子どもたちも、早く食べて遊びたい気持ちもあり、あっという間にご飯を食べてしまいました。

そして持ってきたボールで一緒にはしゃぎました。

帰りに道の駅に行きました。

休日であるのと、駐車場が小さいこともあり、車を止めるのに少し並びました…。

10分程待てば駐車できたのでいざ店内へ。

なかに入るとジェラートに妻が惹かれてしまい即購入。

それを食べながら家に帰りました。

長男からの言葉に反省

帰りの車のなかで、ボクが長男に「今日は楽しかった?」と聞くと、

長男から「パパといっぱい遊べたのが楽しかった」と。

場所ではなく、ボクと遊べたのが楽しかったと…最近あまり一緒に遊べてなかったことを反省しました。

これからはもっと一緒に遊んだり、いろんなことを経験させてあげようと誓いました。

最後に

休日に久しぶりに動きまくったので、身体は疲れましたが、心は意外にスッキリしました。

テーマパークなどはまだ厳しいですが、公園などの換気の良いところには積極的に子どもたちを連れて行ってあげようと思います。

ではまた明日、バイバイ。

スポンサーリンク

-子育て

© 2024 ヒロBLOG Powered by AFFINGER5