【そりゃないよ…】女性社会で信用していけないこと

スポンサーリンク

看護師の世界にどっぷりなヒロです。

ボクは看護師として働いて15年程になります。

そしてこの3月に職場を替えました。

その時にやっぱりこうなるよね…。

ということが起きたので報告したいと思います。

女性社会で信用してはいけないこと

黄, 岬, ファブリック, 女, フラグ, ブラック, 海賊, アイコン, ボート, 成功, 忍耐力, 自由

女性社会での信用してはいけないこと。

それは秘密を守れないことです。

なぜそう確信したかというと…

 

今の職場の面接のときに

「ボクが管理職をしていたことはあまり言ってほしくない」

と伝えていました。

そして就職が決まり、

看護部長にボクが管理職をしていたと知っているのは誰かときくと

病棟の師長にしか言っていないとのこと。

そして新しい職場で働きだして

3週間目の先日。

いちスタッフから

「○○さんって主任してたんですよね?」と言われたのです。

師長からならまだしも

まだ3年目ほどの子から言われたのでビックリしてしまいました。

バレているなら

ウソをつくわけにもいかないので認めましたが

こんなに早いかと驚きです。

 

看護師の世界って

本当に情報が飛び交っているので

ボクが元々いていた病院のスタッフと知り合いの人がいたのかもしれません。

でも9割方は

看護部長や師長からだとは思っています。

バレてダメなことではないのですが

秘密は守ってほしいな…というのが本音です。

最後に

女性社会って

本当に秘密厳守ができずに

あっという間にいろんなことが広がるもの。

元主任の名に恥じないよう

頑張っていかないといけませんね。

ではまた明日、バイバイ。

スポンサーリンク

-ビジネス関係, 看護

© 2024 ヒロBLOG Powered by AFFINGER5