【10日間で-2.5㎏を達成!!】流行りのオートファジーダイエットで痩せてみた

スポンサーリンク

ダイエットの真っ最中のヒロです。

最近ストレスにより、過食気味でした。

そして体重を測ってみると、なんと77.4㎏でした。

以前は72㎏だったのに…。

これはヤバいとダイエットを試みました。

今回試してみたのが、「オートファジーダイエット」です。

果たしてどうであったのか記事にしていきます。

この記事を書く際に参考にした書籍はこちら👇

 流行りのオートファジー

トレイ, 朝ごはん, ミューズリー, 果物, ボウル, 食物, 栄養, ビタミン, おいしい, 食べる

オートファジーとは?

オートファジーを翻訳すると「オート=自ら」「ファジー=食べる」ということになります。

簡単に言えば、自分のなかにある不要な物質をリサイクルしてくれるんです。

オートファジーが活発であれば、感染症に対する免疫力の向上も期待できるらしいです。

また不要なものを新しいものに変えることから、アンチエイジングも期待されています。

ではどのようにすればダイエットと組み合わせることができるのか見ていきましょう。

オートファジーとダイエット

オートファジーダイエットはプチ断食が基本となります。

断食と言っても数日するわけでなく

1日のうちで16時間は何も食べない時間を作る。

そして残りの8時間で食事を済ませるということです。

オートファジーは最後の食事から12時間後に活性化されるそう。

なのでその後から不要なものをリサイクルしてくれます。

8時間しかご飯を食べないので、基本的には1日2食になり

総カロリーを抑えることにも繋がります。

オートファジーに向いている人

オートファジーに向いている人は以下の人の様です。

  • 暴飲暴食の人
  • BMIが25以上の人
  • 運動が苦手な人

ボクが調べたところによるとこんなところでした。

全てにボクが当てはまるので是非やってみようとなったんですけどね。

標準体重の人はこのダイエットには向いていないとも言えます。

というか効果が見えにくいですから。

注意するべきこと

ここで注意するべきことがあります。

それは血糖値の問題です。

食事可能な8時間に突入したからと言って

急に炭水化物(米や麺類など)から摂取してしまうと

血糖値が急激に爆上がりします。

これによって糖尿病へのリスクも高まるからです。

ではどうすれば良いかは次に記事にします。

オートファジーダイエットをやってみよう

若い女性, 女の子, アスレチック, 自然, フロー, スポーツ, 若い, 女性, フィギュア, スリム

実際のスケジュール

16時間断食のは睡眠時間もコミコミとのこと。

ボクは育休を取得したので、

最終の食事は18時にしました。

そこから16時間の断食なので翌朝の10時となります。

なので食事をとれる時間帯は、朝の10時から18時の間になります。

ただ働いていたらこうもいかないので、

本業に戻れば最終の食事は20時にして、食事開始を昼の12時にしようと思っています。

辛いのは始めの3日間

実際に16時間断食をしてみて辛かったのは

初めの3日間でしたね。

子ども達や妻はすぐ横で朝食を食べてますから。

朝に起きてから10時まで何も食べられないので、

身体に力が入らず、頭もまわらない感じがしていました。

でも4日を過ぎるころから、少しづつ苦痛ではなくなってくるのです。

身体も普段通り動きだしました。

メンタルの部分もあったのかと思います。

空腹のときはどうしていたのか?

16時間もあるので流石にお腹がすきます。

その時はコーヒーを飲んだり、

お茶、紅茶などを色んな種類飲むようにしました。

カフェインを摂取し運動行うと、脂肪の燃焼を助けてくれるので

一石二鳥ですよね。

ボクは間食にナッツを食べるようにしています。

それも素焼きのミックスナッツです。

ナッツの良い点は以下に書いていきます。

血糖値の上昇に注意!!

血糖値の急上昇は危険であることは先ほど述べました。

その急上昇を抑えるには、

食事の初めに炭水化物を食べるのを避けます。

ボクは野菜から食べだしたり、

GI値の低いナッツを食事前に食べたりしています。

運動もちょこっと

食事の回数が2回ぐらいになるため、

摂取カロリーは減ります。

これだけで、痩せていく要素はありますが、

より健康的に痩せたい!!今ある脂肪をより無くしたい!!

との気持ちもあったため、

朝の5時から6時ごろまでウォーキングを取り入れました。

毎日ではなく、週3日程度。

できなかった日は筋トレをするように心がけました。

それもあったのか10日間で2.5㎏減ったのではないかと思います。

最後に

たまに食欲が爆発してしまう時があります。

そんな時はその日だけ食べても良いと思います。

ただスポンジのような体に糖分をぶち込むので、驚くほど太ります。

でもその後にまた頑張れば良いのです。

無理し過ぎることなく進めていきましょう。

ではまた明日、バイバイ。

スポンサーリンク

-未分類

© 2024 ヒロBLOG Powered by AFFINGER5