【かわいい子には旅をさせろ】子どもたちだけで初めてのお泊りを決行

スポンサーリンク

終始ドキドキしていたヒロです。

子どもたちは夏休み。

長男は小学校1年生、次男は年中さん。

もちろんのことながら、

いつも外出するにはボクたちが着いています。

少し新たな刺激を与えてみようと

ボクの実家に一泊二日でお泊りを決行しよう

ということになりました。

どのような感じであったか見ていきましょう。

お泊りの当日は…

草の無料写真

1週間前からお泊りの日を子どもたちに伝えていました。

長男は「あと何回寝たら?」と聞いてくるほどワクワク。

次男はなんだか不安そうな表情。

どうなるだろうと思っていると、

当日の朝に甘えん坊の次男が、

「ママたちは行かないの?」と泣きそうな顔をしているではないですか。

ここはキッパリと行かないことを伝え

放置していました。

そして、出発の時。

ボクだけで2人を車に乗せ出発。

妻が家の前でお見送りをしてくれていると

次男がグスグス半泣きに。

少し心が痛みましたが、あえて触れず

別の話をしながら実家へGO!!

次第にいつものひょうきんな次男に戻り

実家に着いた頃には、ニコニコしていました。

実家に到着し1時間ほど様子を見ていましたが

大丈夫そうだと思いボクは帰宅することにしました。

我が家はちょっぴり寂しさも…

あなたがいなくて寂しいですの無料写真

我が家には10か月の3男と妻が。

いつもはギャーギャーうるさいはずの上2人がいないので

めちゃくちゃ静かでした。

ご飯時に

「早く食べろ!!」とか「遊ばない!!」などを

言わなくて良かったのはとてもストレスフル。

でも寝るときになると、

2人いないだけでとてもベッドが広く感じ、

すこし落ち着かなかったですね。

ちゃんと眠れてるんかな?とかちょっぴり心配にもなりました。

お迎えの日

家族の無料写真

お迎えには妻と3男も一緒に。

夕方ごろにお迎えに行きました。

実家に着くなり、次男はママものもとに。

泣きはしませんでしたが、安心した表情。

お泊り中は、

長男にべったりだったそうです。

でも、夜に泣いたりなどはせず

楽しく遊んでいたそう。

最終的には「またお泊りしたい!!」と言っていました。

最後に

お迎えの日は24時間ぶりの再会でしたが、なんだかホッとしましたね。

まぁ今回のお泊りはボクたち親としても、

お互いにとっていい経験になったのかな?と思います。

子どもはいつか自立し旅立っていきますからね。

ボクたちも少しづつ子離れしていかないとです。

ではまた明日、バイバイ。

スポンサーリンク

-子育て

© 2024 ヒロBLOG Powered by AFFINGER5