【子どもたちでお買い物】我が家でのお年玉の使い方

スポンサーリンク

始めての買い物に感動したヒロです。

正月といえばお年玉

今は貰う立場からお年玉を上げる立場に。

その代わりに我が子たちが、

沢山の大人たちからお年玉をもらっています。

その子どもたちのお年玉について

妻と相談し、

やってみたことについて記事にしていきます。

お年玉の使い方について妻と相談

日没, ロマンチック, ビーチ, カップル, ベンチ, 歩く, 日にち, 公園, 夕焼け空, 夜, 老夫婦

長男がもうすぐ6歳とのこともあり、妻の方から

自分たちで買い物させてみようよ!!

との提案が。

確かにドラキッズ(イオンにある幼児教室)でも

お金を使った計算もしているといっていたので

お金の勉強にもなるし、やってみようかということになりました。

幼児教室では

2ケタの足し算や引き算をしているところであり

欲しいものによっては

少し大きな値になるので大丈夫かなとの不安もありましたけどね。

いざ買い物へ

家族, ショッピングセンター, 購入, 食物, お菓子, 製品, カート, 食料品店, スカート

買い物に行く前に

事前に何のおもちゃが欲しいのか確認すると

「スイッチのゲームが欲しい!!」と言ってきました。

そうとなれば、長男ができそうなゲームの動画を

数種類見せることに。

すると一つのゲームに食いついたのです。

 

数時間後、買い物へ。

子どもたちの味方である、ジョーシンのおもちゃ売り場に行きました。

 

長男は真っ先にゲーム売り場へ

そして手に取ったのは

スプラトゥーン2」なのです。

今更…とは思ったのですが、

長男の強い希望により購入することに。

次男はポケモンのおもちゃを選びました。

 

嬉しそうにレジへ行くと

お年玉を使うために集まった子どもたちが大勢。

しばらく待っていると、

ボクたちの番に。

長男がスタッフの方にゲームを渡すと

笑顔で受け取ってくれる優しいスタッフさん。

そして、お年玉のポチ袋から5千円札を2枚自分で出し

スタッフに手渡す。

そしてちゃんとお釣りをもらっていました。

全行程はとても緊張した面持ちでしたが、

それがまた可愛らしかった。

でも、長男は誇らしい顔をしていました。

不安もあったのですが

自分で買い物をさせて良かったなと思います。

買ったゲームの評価は?

ちなみに6才の子供が

本当にスプラトゥーンができるのかと思っていたのですが

これが上手いことしているんです。

ボクのイメージでスプラトゥーンって

銃で撃ちあうという先入観だったのですが、

モードによっては

ステージの色を塗り、より多く自分のチームの色を塗った方が勝ち

というものもあるんですね。

武器ももちろん銃もありますが、

色塗りに適した、ローラーや筆なんてものもあり

銃などを打つ細かい動きは必要ないものも。

これを長男はえらく気に入ってしまい

毎日がゲームの時間。

時間を自分で決めさせているので

その時間には終わるのですが、

今まで次男とトミカで遊んでいたのがゲームになったのを

成長でもあると思うのと同時に

少し寂しくも思いました。

まぁこうやって色んなことを覚えていくんでしょうね。

最後に

このお金を自分で支払ったりしたことにより

少し長男の成長を感じたボクたち。

もうワンステップ駆け上がろうと

また一つ考えたことが。

その内容は後日ブログにて報告します。

ではまた明日、バイバイ。

スポンサーリンク

-子育て

© 2024 ヒロBLOG Powered by AFFINGER5