【おうち時間はこれで決まり】親子で楽しめるゲーム3選

スポンサーリンク

息子と妻とでゲーム三昧のヒロです。

最近5歳の長男がゲームに目覚めてしまいました。

それを期に我が家のゲーム熱が高まりつつあります。

でも妻は「1時間だけ!!」と頑なにルールを曲げようとしません。

でもそんな妻も一緒になってやっているゲームを3つ紹介します。

スーパーマリオ 3Dワールド + フューリーワールド

最近ゲームに目覚めた息子用に購入したこのゲーム。

初めは一番簡単なステージでもクリアできていなかった息子が何度も何度もトライしてやっとクリアする時にはちょっと感動…。

難しくなってくると「パパして!!」とコントローラーを渡してきます。

そこでボクがサクッとクリアすると、自分にもできると思ったのか負けじと何度もトライしています。

ふがいないとイライラしている妻も息子の代わりにゲームをして楽しんでいます。

フューリーワールドの方は、クッパが悪に染まってしまいそれをもとに戻してあげるというストーリーになっています。

会話などが少なく、絵でストーリーを展開していってくれるマリオだからこそ、文字をまだ完ぺきには読めない息子でも楽しめるんだろうなと思います。

マリオカート8 デラックス

5歳の息子がゲームにハマるきっかけとなったのはこのゲームです。

車が好きというのがあるのかもしれません。

でも、毎日のように1時間ほどマリオカートをしていました。

ご飯を早く食べないとゲームをさせないというと、まあ早いこと早いこと。

マリオカートは深く考え込まないでも遊べるのが良いところですよね。

モンスターハンターライズ

このゲームは子どもが楽しむというよりは、親が楽しむものになっています。

ボク自身はモンハンをしたのは10年程前が最後でしたが、Switchで新作が出るということなので興奮気味に購入。

操作などは10年前と大きく変わっていましたが、モンスターを狩ってその素材で様々なものを作り出すのは変わりはなかったです。

これには夜中に一人でゲームをしてしまう始末です。

子どもたちも一緒に見てくれています。

操作するには少し難しいので。

最後に

自分が5歳の時にはファミコンしかやってこなかったですが、今では様々なゲーム機があり、グラフィックもすごいです。

これからはeスポーツなんてものも出てきています。賞金の高いゲームなどもありますしね。

ゲームの可能性はまだまだこれからですね。

わが家の息子たちもそこまでいってくれるなら好きなだけゲームをさせるかもですね。

ではまた明日。バイバイ。

スポンサーリンク

-子育て

© 2024 ヒロBLOG Powered by AFFINGER5