【聖なる夜】クリスマスは誰と祝うもの?

スポンサーリンク

クリスマスは絶賛家族とお祝いをするヒロです。

クリスマスと言えば大切な人と過ごす神聖な日と皆さんお考えになられていると思います。

その大切な人とは、自分が10~20代のころは恋人や友人たちのことを指していました。ですが30代を迎えるようになり、また子供が出来たことから、大切な人の基準が変わってきました。

それからは、クリスマスは家族で祝う方が幸せだなと思うようになったのです。

今回はこのクリスマスを家族と過ごすことの良さを記事にしていきます。

そもそもクリスマスって?

クリスマス, キリスト降誕のシーン, イエス, クレードル, キリスト, ウィンドウ, ステンド グラス

クリスマス(12月25日)は、「降誕を記念する祭日」と位置づけられているようです。「イエス・キリストの誕生日」ではないとのことです。なのでキリスト教色が強い行事と言えます。キリスト教圏ではクリスマスには主に家族と過ごし、ツリーの下にプレゼントを置く。プレゼントを贈る気持ち(愛)の日でもあるとされています。

日本に広まりだしたのは、明治時代の終わり頃だったようです。当時は「キリスト教徒でもないのにクリスマスを騒ぐ」と言われていたそうです。プレゼントがもらえる日という良いとこどりされたものだけが、広まっているのでしょうね。

 

何だかんだ言っても家族が一番

新しい年の前夜, 新しい年齢, 休日, 少年, クロック, チャイム, 祭りの気分に, 笑顔, 赤ちゃん

若いころは女の人のケツばっかり追っていたので、プレゼントは何がいいか、ディナーはどこに食べに行こうかと考えてクリスマスを過ごしていました。それはそれで楽しかったのですが、結局は別れてしまっています。その時の想いや愛はそこで消えてしまいます。

ですが、ここ最近は自分と妻、子供達2人の4人で暮らしています。これはこれでとても良いものだなと毎年感じています。

無償の愛というやつでしょうか。どんなにケンカをしても、怒っていても、離れることはありません。ほぼ毎日顔を合わしていますが、クリスマスの時に去年と比べるとみんな、成長しているなと嬉しくなるのです。

なので我が家ではこれから「クリスマスは家族と過ごす日」にしようと思います。

子供達が何歳になってもこの12月25日は家族が集合する日に設定します。そして豪華な食事のもといろんな話をしていく行事にしていきたいです。

キリスト教ではなく、思いっきり仏教ですがすいません。でも、祝う気持ちは一緒なので許してください。

 

最後に

人それぞれに考えがあり、自分の考えを押し付けるつもりもありませんがこれから自分は家族と過ごす時間を大切にしていきたいと思います。

ではまた明日。ばいばい。

スポンサーリンク

-未分類

© 2024 ヒロBLOG Powered by AFFINGER5