【これから流行るコンテンツ】音声配信をするために準備すること。

スポンサーリンク

今年に入ってから音声配信を始めたヒロです。

去年から音声配信を始めようと考えており、出会ったのがstand.fmさん。こちらで今年に入ってから配信を始めています。

投稿数はまだまだ少ないですが、コツコツ頑張っていくつもりです。

これから伸びていくだろうと言われている音声コンテンツですが、

音声コンテンツって何が必要なの?

という方も少なくないのではないでしょうか。そんな方に準備しておくべきこと3つを紹介します。

音声配信を始めるために準備すること

必要機材は?

マイク, 声, サウンド, 機器, ツール, 実行者, エンターテイメント

必要な機材はぶっちゃけ、スマホ1台あれば事足ります。

stand.fmさんは初心者にもやさしい仕様になっているので、スマホがあれば良いのです。

「クオリティが高い音声を収録したい」という人には、マイクを用意するのも良いかもしれません。

音声配信の場合は、手がある程度フリーの方が良いので「ヘッドセットタイプ」がいいのかなと思います。

頭に付けるのが煩わしい人は、「ピンマイクタイプ」というのもあります。有線でスマホに繋げて収録することができます。

あれば良いなと感じるものとしては、台本を書くための「パソコン」や「タブレット」なんてのがあればより良いかなと感じます。

環境を整える

写真, スタジオ, 写真撮影, 写真撮影機器, フラッシュ, 屋内で, ライト, ミラー, ルーム

次に必要なこととしては音声収録するための環境です。

ボクは1度通、勤途中の車のなかで収録しようとしたことがありました。収録してみると、思いのほか雑音がめちゃくちゃ入っていたのです。

これはダメだなと感じて、みんなが寝静まっている静かな空間での収録を心がけています。

時には散歩しながらっていうのもいいのかなと考えています。

台本を用意する

タイプライター, タップ, 紙, 書きます, 文章, 話をでっち上げます, アンティーク, 古い, レトロ

最後に台本は必須かなと感じています。むしろ1番大切とっても過言ではありません。

話をすることが得意な方には必要ないかもしてませんが、ボクのような緊張しいの人には絶対に用意しておく必要があると思います。

ボクはブログも書いているので、その内容を音声として伝えています。

収録していると、大体1000字で5分くらいの時間になっています。これを目安に考えてもらえたら幸いです。

最後に

音声配信など何でも始めてみないと分からないことは沢山あります。

でもいざ始めてみることで、自分に合っているか合っていないかの判断ができるのでまず始めてみましょう。

全然コストもかからないので、チャレンジしまくってください。

ではまた明日。ばいばい。

スポンサーリンク

-ビジネス関係

© 2024 ヒロBLOG Powered by AFFINGER5