【こりゃたまらん…】夜勤明け日勤は過酷過ぎた‥

スポンサーリンク

もうヘトヘトのヒロです。

昨日は数年ぶりの夜勤明けの日勤。

頭がボーっとするなか出勤すると

何だかいつもより人数が少ない。

ただでさえ少ない日勤メンバーがさらに少なくなっていたんです。

朝に休みの連絡があったとのこと。

そうなると、メンバーは

  • 1年目の看護師
  • 3年目の看護師
  • ボク(15年目)

となるのです。

普段であれば4~5名のメンバーがいるのに…。

この3人で30人の患者さんを受け持つことになりました。

1年目の子は8人、3年目の子も8人

そしてボクが14人の患者さんを受け持つことになっちゃったんです。

しかも1年目の子のフォローもしながら…。

朝から頭が回っていないのにこれはヤバいと気合いを入れなおし仕事を。

 

師長さんもさすがに、ボクを不憫に思ったのか

点滴を準備してくれたりなどボクのフォローに周ってくれました。

フル回転で働き、なんとか大きなミスもないまま仕事は終えることに。

 

ただ問題の記録が残っています。

14人分も書かないといけないのです。

就業時間から2時間経過してやっとすべてを終えることが…。

周りをみても残っているのはボク一人。

3年目の子は

「明け日勤の人を置いて帰れないですよ」と言ってくれていましたが

ボクを待っている間の残業代はでないので、

丁重に帰ってもらいました。

師長さんもめちゃくちゃ申し訳なさそうに帰っていきました。

ボクもワクチン接種後に急遽休ませてもらったので

文句は言いません、というか言えません。

でももうしばらくは明け日勤は勘弁してほしいです。

今日はゆっくりと身体を休めたいと思います。

ではまた明日、バイバイ。

 

スポンサーリンク

-看護

© 2024 ヒロBLOG Powered by AFFINGER5