【1歳4か月の三男の嬉しい、悲しい変化】歩けるようになったけど固形物を食べなくなっちゃった。

スポンサーリンク

一喜一憂のヒロです。

我が家には3人の子どもがいます。

そのうちの三男はまだ1歳4か月。

その三男の最近の変化について記事にしていきます。

嬉しい悲しい変化

変更の無料写真

嬉しい変化としては

歩ける」ようになってきたことです。

長男も次男も1歳になる頃には歩いていたので

なかなか歩かない三男に不安を抱いていました。

伝い歩きもソファーによじ登ったりするのに歩かない…。

どうなっているんだろうと思っていた3日前ほどに

急に歩き出したのです。

まだ10歩ほどですがゆっくりと歩きだしたのです。

嬉しさとともに、ホッともしましたね。

 

あとはよく言葉を発するようになったことです。

まだ「マンマ」とかそんな程度ですが

目を見て話してくれることが多くなりました。

 

次に悲しい変化としては

固形物を嫌がるようになったことです。

白米は食べるのですが

おかずを口に入れるとべ~と出してきます。

プリンやスープは問題なし。

鼻水が出ていたこともありノドの調子が良くないのかと

思っていたのですが、

保育園では魚の甘酢あんかけみたいなものも食べているよう。

ググってみると

ちょうどこの時期ぐらいに食べ物の好みがでてくるとのこと。

この時に一番やってはいけないことは

「怒ること」だとのこと…。

つい数日前に怒ってしまい泣かせてしまったことを思い出しちゃいました。

気長に待つしかないとのことでした。

そうなってからは開き直って食べたいものを食べれば良いと

野菜スープなどをミキサーにかけてみることに。

その時に使用したのがこちら。

 

しばらく使っていなかったのですが

これで野菜などをドロドロにすると問題なく食べてくれました。

また固形物を食べてくれるようになるまで

首をながーくして待ちたいと思います。

最後に

子どもを3人育てていても忘れていることもありますね。

妻に言わせると、

長男も次男もそんな時期があったとのことです。

ボクはすぐ忘れちゃうので

こうやってブログの記事として残しておこうと思います。

ではまた明日、バイバイ。

スポンサーリンク

-子育て

© 2024 ヒロBLOG Powered by AFFINGER5