【看護はやっぱりこうでないと!!】久しぶりに看護をした気分になりました。

スポンサーリンク

活き活きと仕事ができたヒロです。

昨日は久しぶりに看護ができた気がしました。

ここ最近はスタッフも少ないのに

認知症の患者さんが多く

センサーが鳴りまくりの日々でした。

でも、患者層が少し変わり

認知症がありながらも話が通じる患者さんが多くなってきたのです。

そしてスタッフの数も元に戻り

患者さんへの看護が深い部分まで行う事が出来るようになったんですよ。

 

忙しかった日々は浅い部分の看護というか

必要最低限の看護しかできていませんでした。

でも昨日受け持った患者さんはリハビリが必要な患者さんばかり

なので歩行器などを使い

病棟内を一緒に歩く練習をしたり

認知症のある患者さんに対しては横でゆっくりと話を聞いたり

色塗りをしたりなど

より心のケアを行えたように感じました。

 

それを見た新人スタッフも同じように

患者さんと一緒にリハビリしていたりなど

いい流れができたと思います。

この患者さんには何が必要か

そのためには何をしないといけないのか

を考え、思いっきり看護を提供できたことは

本当に楽しかったです。

これだから看護師は辞められない。

また今日も頑張ってこようと思います。

ではまた明日、バイバイ。

 

スポンサーリンク

-看護

© 2024 ヒロBLOG Powered by AFFINGER5