【本当にありがとう】トラウマから少し解放された出来事

スポンサーリンク

少し気が軽くなったヒロです。

数年前に新人を指導しているスタッフを指導することがありました。

その同時ボクは張り切っていました。

スタッフから相談を受ければ全身全霊をかけて相談に乗りました。

でも結果的に上手くいかなかったのです。

それがボクにとっては

少しトラウマになっていました。

そして色々あってボクは今、新しい職場にいます。

今の職場に来て2年目を迎えたころに

働きだして4年目のスタッフから

「新人にどう関われば良いか悩んでるんです」との話が。

そのスタッフはすごく的確に指導できるのですが

ポーカーフェイスであるがために

キツくとらわれがちなのです。

そのことが原因で

去年の新人には「指導につけないでほしい」と言われたほどに…。

まぁその新人も相当おかしな奴なんですが。。。

 

そのこともありそのスタッフは悩んでいるとのことでした。

ボクや年上の人と話している時は

比較的笑顔もあるので

「その笑顔をもう少し見せてあげたら?」と言ってみたのですが

なかなか難しいよう。

次の提案として

「デキてないところを指導した後に良かったポイントを必ず言ってあげて」というと

「真顔でも良いですか?」と。

「笑顔なら尚いいけどね」と笑っておきました。

でも普段厳しい人から褒められるって嬉しいじゃないですか。

まぁ何となくボクの思ったことを伝えておきました。

 

そしてその日の仕事終わりにそのスタッフから

「今日良い部分も言ってみました」と言ってきてくれたのです。

ボクは涙が出るくらい嬉しかった。

素直にボクのアドバイスを実行してくれたことが

とても嬉しかったのです。

数年前のトラウマから解放された瞬間でした。

なんだかんだ頑張ってきてよかったなと思いました。

まぁこれからも頑張っていこうと思います。

ではまた明日、バイバイ。

スポンサーリンク

-看護

© 2024 ヒロBLOG Powered by AFFINGER5