KDDIの新プラン「povo」とドコモの「ahamo」を比較してみた

スポンサーリンク

絶賛どこの新プランに移行しようか考え中のヒロです。

菅さんの押している携帯料金の値下げで各社がしのぎを削っています。

その中でも今のところ、ドコモとSoftbankは2980円のところ、KDDIは20GBで2480円と大幅に値下げを打ち出してきました。

中身はどのように違うのかを検証していきます。

povoとは

新発想の料金プラン「povo」誕生

KDDIの発表では

「povo」はオンライン型携帯電話事業に幅広い知見と実績を有するCircles Asia と協業し、オンラインでの簡便な手続きなどによる先端のデジタル体験を提案する新料金ブランドとして展開します。オンラインでお手続きいただくお客さまのニーズを踏まえ、受付拠点や提供するサービスを厳選し、効率化を図ることで、非常にお求めやすい価格を実現します。

とされています。やはり人件費削減のため、オンラインでの申請となるようです。

povoとahamoを比較してみよう

基本プランの比較

それでは2つの基本プランを比較していきます。

povo ahamo
月額料金 2480円 2980円
月間利用データ量 20GB 20GB
音声通話 20円/30秒 1回あたり5分以内の国内通話無料
ネットワーク 5Gにも対応予定(2021年夏ごろ) ドコモの4G/5Gネットワーク
キャリアメール 非対応 非対応

大きく違う部分としては月額料金と音声通話の部分になりますね。

サービスの開始時期も2社ともに2021年3月と一緒になっています。

追加オプションの比較

povo ahamo
データ追加1GB 500円 500円
通話かけ放題 1500円/月 1000円/月
1回あたり5分以内の国内無料通話 500円/月 基本プラン

povo独自の追加オプション

povo独自の追加オプションとしてデータ使い放題というものがあります。

データ使い放題といっても1日24時間の間限定です。日に200円で利用が可能となります。月に何回でも利用は可能とのことであります。。

なぜこのようなプランがあるのかというと、「オンライン授業や会議など一時的な大容量のデータ利用ニーズにお応えするため」とのことです。

自宅にWi-Fiがあれば不要かと思われますが…。

結局どこも同じ

povoでも5分以内の国内通話無料のオプションを付けると2980円になるので大きくは変わらないことが分かりました。

またキャリアメールも2社ともに非対応となっています。

こうなれば、ボクはドコモユーザーなのでわざわざ乗り換える必要もないのかなと思えてきます。

ドコモは先行エントリーするとⅾポイントが3000ポイントプレゼントされるようなのでそこは嬉しい特典だなと感じます。

最後に

各社大きな差はないので、追加オプションや特典などをみながらユーザーがそれに合わせて考えていく必要があるのだと思います。

今のところボクはahamoにしようかと考えています。

ではまた明日。バイバイ。

スポンサーリンク

-ビジネス関係

© 2024 ヒロBLOG Powered by AFFINGER5