【死の淵をみた】性欲お化けだった若いころを振り返る

スポンサーリンク

20代の頃はサルのように腰を振っていたヒロです。

現在は34歳にもなり性欲が収まってはいますが、昔は女性のことばかり考えていました。いかに女性と良い雰囲気にもっていくか、どうやって次につなげるかばかりを考えていました。

そのせいで死の淵を見た経験もありましたが、今となっては全てが経験しておいて良かったと思う体験ばかりです。

そんな若いころの経験とそこからの気付きについて記事を書いていきます。

最近の若者の性欲は減退している

男と女, 座っている, ウィンドウ, カップル, ビュー, 黒と白, スカイライン, 読書, 携帯電話

ある調査では最近の若者は昔と比べて異性に対して消極的になっているという結果がある。

その原因として、①出会いがない、②断られたらどうしたらいいかわからない、③自分の好きに生きられないからなどなどが挙げられる。

これにより、異性と絡むこと自体が無くなってきている、とのこと。

自分の20代の頃を思い返しても、振られても良いからまずアタックしていました。断られることを考える前に、身体の関係を持つことしか考えていませんでしたね。本当にサルですいません。

恐怖の体験②パターン

振り返えれば女性と包丁

人, 女性, モデル, 危険, キッチン, ナイフ, グレーのキッチン, グレーモデル

1人の女性と身体だけの関係を持っていました。

その日もいつもと同じように、女性宅に行きムラムラしていると女性が料理を作っていました。

僕はテレビを見ていると後ろからその女性が「私たちってどうゆう関係?」と言われたのです。正直に「身体だけの関係」と言って振り返ると、女性もこっちを見ておりその手には包丁が。

お互い目が合ってしまい、自分の身体が硬直したのを今でも覚えています。

しばらくの沈黙の後、女性がくるっと振り返り再び料理をしだしました。その後は何事もなかったようにご飯を食べ、営みに励んでいると明らかに女性が泣いているのがわかりました。

行為が終わり、自宅へ帰る車の中何とも言えない感情になりました。こんなことはもうやめないといけないなと気付きました。

どこにいるの?

双眼鏡, 時計, 観察, サーベイランス, ボン, ライン, 自然, Outlookの, フォレスト, 葉

20代前半の頃にお付き合いしていた女性がいたのですが、ケンカが原因で僕が冷めてしまい別れを切り出しました。

始めは会って話をしたのですが、聞き入れてもらえずいったん一人暮らしをしていた家に帰りました。

そこで再び夜に電話があり、「どうしても別れたくない。」の一点張りです。でも自分にはよりを戻すつもりはなかったので自分の気持ちに変わりはないといって電話をきり、夜友達と遊びに家を出たのです。

すると数時間後に電話が…面倒だったので何度もかかってくる電話をムシしているとメールが入りました。

「今家の前にいるんだけど、車もないしどこにいるの?」と。

これには恐怖でしたかなく、その日は友達の家に泊まらせてもらいました。

元カノと僕との共通の友人がいていたので、どうにかならないかと相談すると話を付けてくれて、突然会いに来ることは無くなりましたがしばらくは夜が怖くて仕方なかったです。

最後に

これら全ての経験はしていてよかったなと確信しています。様々な女性と身体の関係を持ったことで、結婚してから、別に妻以外の女性を抱きたいと考えることがなくなったのです。

若いころに、自分が満足するまで遊んだので悔いは残っていないからです。

なので今は浮気をする気が皆無です。

若いころは好きなだけ遊べばいいと思います。その中で学ぶこともたくさんあります。

ではまた明日。バイバイ。

スポンサーリンク

-未分類

© 2024 ヒロBLOG Powered by AFFINGER5