【お盆に時期に嬉しい味方】なぜ正座で足がしびれるの?足がしべれた時の対処法。

スポンサーリンク

正座がとっても苦手なヒロです。

先日法事があり、正座をする機会がありました。

ですが30分もしないうちに限界が…。

そして足を崩すととんでもないしびれに襲われる…。

もう周りには笑われるはで大変でした。

これからお盆の時期になり、正座になる機会が増えてくるため

早く対処法を見つけなければといろいろ調べたことを記事にしていきます。

なぜ正座でしびれが起こる?

ミュージシャン, ロックスター, バンド, 音楽, 石, エンターテイメント, ギター, パフォーマンス

まずなぜ正坐をしていると足がしびれるのかを調べてみました。

その理由には血液循環神経が関係しているようです。

血液循環

膝の下には血液を運んでいる血管があります。

正座をすると、その血管が体重の重みで細くなってしまうため

血液の流れが悪くなります。

そうすると、神経に十分に酸素を送ることができずに

「しびれ」が起こってしまうのです。

神経障害

次に神経も関係してきます。

正座をすると、太ももや下腿の骨のうしろ側を通る、坐骨神経や脛骨神経に負担がかかります。

神経が圧迫されて血行が悪くなると、神経が注意信号を脳に送り、しびれと感じるのです。

さらに無理をして正座を続けると、神経が信号を送れなくなり、感覚がなくなってしまいます。

すると、感覚神経と同時に運動神経もマヒして行きます。

皆さんも正座から急に動こうとすると上手く動けなかったことはありませんか?

それは運動神経がマヒしているからなんです。

しびれにくい正座

しびれにくい正座の方法として

ポイントは3つあります。

  1. 足首で円を作り、その中にお尻を収めるように座ると足に負担がかからず楽です
  2. 指先をなるべく座布団の端に寄せておく。
  3. 左右の親指を重ね合わせて時々上下を入れ替えると血流が滞りません。

NGな正座としてはかかとを広げずその上に

体重がかかってしまうことです。

これでは、すぐに足がしびれてしまいます。

足がしびれた時の対処法

書き込み, 人, 書類, 紙, ノートブック, 仕事, 作業, 女性, 手, アーム, ペン, 手書き

次に足がしびれた時は、無理に動こうとはしないでください。

それだけで転倒のリスクが高くなります。

そんな足がしびれた時は、

立ち上がる前に座布団の外につま先を立て

かかとの上におしりを落として重心をかけていると、しびれがとれやすくなります。

最後に

コロナ禍といっても、帰省はつきものです。

そんな時に今日のポイントを抑えてもらえれば、

少しはしびれを軽減させることができるはずです。

ではまた明日。バイバイ。

スポンサーリンク

-子育て

© 2024 ヒロBLOG Powered by AFFINGER5