【恐れていたことが現実に…】整形外科に受診した結果、長男の右腕はどんな感じになっている?

スポンサーリンク

5歳の長男が骨折中で大変なヒロです。

早いもので、長男が腕を骨折して1か月が経ちます。

その間ずっとギブス固定。

本当によく頑張っていると思います。

そして昨日、年内最後の整形外科の受診がありました。

結果はどうであったのか見ていきましょう。

受診の結果は?

医学, 予定, 医者, ヘルスケア, 診療所, 健康, 病院, 薬, 診断, 衛生兵, メディケア, 処方

本日は昼からの受診であったため、長男は幼稚園を早めに帰りました。

そしてそのまま病院へ。

始めにレントゲン撮影を終えて、診察室へ。

骨もくっついてきているとのことで、

今日からはギプスシャーレになるとのことです。

まずは、ギプスカッターでギプスをカットしました。

結構大きな音がなる中、長男は泣きもせずじっとしていました。

本当に賢い。

半分になり切った面をテープなどでカバーされたのがこちら

これを添え木代わりにして包帯で巻いていきます。

これでお風呂もOKとなります。

息子もホッとした表情をしていたのが印象的でした。

年内はギプスシャーレをして年明けからフリーで良いとのことでした。

良い年明けになりそうです。

衝撃のお風呂

テレビ, Photoshop, 画像編集, 女性, 一八六九, 恐れ, 恐竜, サプライズ, 女の子, 部屋

お湯につけられるのは約1か月ぶり。

それはそれはスゴイことに。

湯船に腕をつけて、少しこすっていると出るわ出るわ垢が。

湯船が垢だらけになってしまいました…。

息子はギプスがなくなり、不安もあってか一切動きません。

なのでボクがこすり続けました。

右腕全体が何層も膜がはっている感じ。

一日では取り切れず、程よいところで諦めました。

恐れていたことが現実に…

思想家, ロダン, パリ, 彫刻, 美術館, ブロンズ, フランス, 考える人, 銅像

お風呂では少し腕も動かして良いとのことだったので、

手始めに骨折とは関係のない手首を動かしてみることに。

少し動かしただけでしたが、

痛い!!」というのです。

ギプス自体が手の甲までしっかりあったので、

1カ月間は手首も曲げられる状況ではありませんでした。

なので筋肉が固まってしまっていたんだと思います。

お湯につけて少しづつほぐしていくと、手首は始めに比べると柔らかくなりました。

これを見ていると、右肘はなかなか時間がかかりそうだなといった印象。

息子自身も怖さがあると思うので。

病院の先生も拘縮などはまだ大丈夫とのことだったので、

これからゆっくりと心と身体をほぐしていくしかなさそうです。

最後に

将来的に何か問題になるようなこともないだろうとのことだったので

安心はしているのですが、筋肉が凝り固まっているのが気になる。

でも少しづつやっていくしかないんですけどね。

ではまた明日、バイバイ。

スポンサーリンク

-未分類

© 2024 ヒロBLOG Powered by AFFINGER5