【すごくシンプル】新人が成長するのに必要なものとは?

スポンサーリンク

新人の指導にヘトヘトなヒロです。

昨日は病棟で1番手のかかるという新人ちゃんを担当。

何が問題かというと

  • 報告をしない
  • 自分で勝手に判断し間違ったケアをする
  • 異常と正常の判断がむずかしい

ということ。

なので働いて4か月が経った今も、指導者がべったりな状態なのです。

ボクは久しぶりにこの新人ちゃんを担当するので

正直ドキドキでした。

 

ボクの指導のスタンスは

褒める部分はしっかりと褒めて、注意もする」です。

昨日もそのスタンスで指導していると

徐々に新人ちゃんの表情が柔らかくなってきました。

今まで問題であった3点も

昨日は全く感じず、異常かな?と思えばすぐさま報告しに来てくれていました。

それを他の指導者に報告していると

「自分の時は全然報告してこないのに!!」というのです。

ここで気付いちゃいました。

やっぱり指導者と新人の関係性が大切なんだと。

 

うちの病棟の指導者は

叱るが8割、褒める2割くらいの人たち。

なので新人ちゃんの表情は常にこわばっています。

人間関係を築くのが上手い子はそれでも徐々に打ち解けていきますが、

そこが下手な子は「デキない子」のレッテルを貼られてしまいます。

 

あまりコミュニケーションが上手くない子には

指導者との関係性がより重要なのだと気付いたのです。

教える側、教えられる側どちらも人間ですから

人として関わることって大切なんだなと思いました。

 

これから色んな新人たちが来ると思うので

このことを肝に銘じておきたいと思います。

ではまた明日、バイバイ。

スポンサーリンク

-看護

© 2024 ヒロBLOG Powered by AFFINGER5