【効率を求めるなら】学ぶ前にやっていた方が絶対に良いこと

スポンサーリンク

何に関しても学ぶ機会が格段に多くなってきているヒロです。

最近になって自分の知らない分野の仕事を任されたりと、何事にもチャレンジすることが多くなってきました。自分としては

また自分の自由が奪われる

などと愚痴を言ってしまいそうになります。ですが、そんなネガティブな状態では何も身につかないと考えたのです。

なので今日は効率的に学びを自分の為にする方法を記事にしていきます。

 

学ぶ前にやっておいた方が良いこと3つ

まずは体験してみる

多くの人は初めて何かにチャレンジしようと思った時に、調べたりしていくと思います。現代の社会ではググれば様々な情報が溢れかえっています。その中にはい情報だけでなく、自分が見たくないような情報も含まれています。

その嫌な情報を見てしまい、せっかく芽生えたチャレンジ精神が台無しになってしまうことがあります。そうならないためにも、ちょこっと調べてチャレンジしてみることです。チャレンジすると自分に合うか合わないかが分かります。

このチャレンジすることで重要なのが、「自分に不足しているものが的確にみえる」ことなのです。これが分かれば焦点をそこに当てて学んでいけばいいのです。まず自分を当事者にすることで物事の見え方や考え方が変わってきます。

タスクシフトを意識しておく

勉強する前の時間の管理を行っておくことが大切になります。その時に大切なのが「タスクシフト」です。タスク=作業、シフト=切り替えです。

つまり、時間を決めて作業を切り替えていくのです。

人が集中できるのは15分~30分程度とされています。そこからこのような方法があります。

  • あらかじめ20分程でタイマーを設定しておき作業を始めます。
  • タイマーが鳴ったらまたタイマーを設定し別の作業を行う。
  • 再びタイマーが鳴ったら小休憩をはさむ。これにも時間を設ける。

この方法を用いた方が確かに生産性が上がるのです。ポイントはもう少しやる気があるからとダラダラ続けないことです。時間が来たら必ず次の作業に移ることです。

ネガティブな感情をポジティブに

いざ勉強をしようとすると「面倒だな」とか「難しそう」と思う感情は出てくるものです。

でもそんな時に「ワクワクする」とか「面白そう」というように考えようと自分の気持ちを切り替えておくのです。

もっと良いのは声に出して「面白そうだな。」と言ってみることです。このように思考を変えるだけで取り組み方が大きく変わってきます。

どうしてもネガティブな感情で続けても生産性も上がらないですし、成果に結びつきにくくなります。でもポジティブになると見える世界が変わってくるんです。毎日が少し楽しくなります。

僕はTwitterをしているのですが、ここでもツイートする時は出来るだけポジティブな内容を呟くようにしています。そうすることで自分にも暗示をかけることができるんですよ。

 

最後に

何かを学ぶ前には受け身ではダメです。能動的に動いてこそ様々なことが身についていきます。

自分もそう考えながら日々行動していけたらと思います。

ではまた明日。ばいばい。

スポンサーリンク

-マインドセット

© 2024 ヒロBLOG Powered by AFFINGER5