【ついに仕事辞めます】頑なな妻を納得させる方法

スポンサーリンク

ついに離職に向け動き出したヒロです。

ボクは去年から主任をしていて、それが今苦痛でしょうがありません。

前にも少しそんな話を妻にしましたが、取り合ってくれず。

でも、やっぱり辛い状態でした。

そこで、色々と試してみた結果

やっと離職の承諾を得ることができました。

ではどういった方法をとったのか紹介していきます。

頑なで鬼嫁な妻を納得させる方法3つ

仕事の話をしない

起業家, 起動, 男, 計画, 仕事, オフィス, ビジネスマン, 若いです, 企業, 働く, 会社

ボクも妻も看護師をしています。

なのでお互いの仕事でのグチは結構している方でした。

でも最近は、ボクの方からは仕事の話をしてなかったのです。

帰りも遅い日が多く、

妻から「仕事で何かあるの?」と聞かれても

「いろいろあるねん」とだけ答えていました。

さすがの妻も心配したような表情にはなっていました。

後は毎朝ため息ばかりついていましたね。

特に意識していたわけではないですが、

これも効果的だったのかもしれません。

妻の機嫌の良い夜を狙う

カップル, 愛, 出演者, ハグ, ペア, ロマンス, 夜, 愛壁紙, 青愛, 青星, 青泊, 青い壁紙

いつもは話し合いの環境など調整しないのですが、

今回ばかりは話が別です。

なので機嫌の良い日を狙いました。

それも夜の時間帯を。

話し合いをするには冷静な判断ができる昼間が良いとはされています。

ただ、今回ばかりは重い話になり

感情に問いかけようと夜にしました。

機嫌を損ねぬように、数日前から妻が喜ぶようなことを。

子どもたちも寝て、まったりタイムに

「ちょっと真剣な話があるんやけど…」と話すすめました。

感情に訴えかける

ロマンチック, 抱擁, 一体感, つながり, 2, 優しさ, ロマンス, 恋人, ハッピー, 男, 女性

ボクの現在の職場を辞めたい理由は

  • 管理職の仕事が自分には合わない
  • 時間外労働も多く、残業が付かない
  • 家族との時間が少なくなる
  • 子どもたちにもイライラすることが多い

大筋これらになります。

ボクの妻はとても家族を大切にしています。

なので、ボク自身も家族が大切であり、

その家族との時間をもう少し持ちたいことや、

妻と一緒に育児をしていきたいことを伝えました。

すると意外にも

どうしてもって言うのなら」と辞めることを了承してくれたのです。

妻が希望するであろう転職先の条件をリサーチしておく

ラップトップ, コード, プログラミング, コンピューター, ブラウザ, リサーチ, 勉強, ノート, 仕事

でも転職先をある程度は絞っておかないと話は進みません。

なので、事前に妻が希望してくるであろう条件を考えておきました。

それをもとに転職サイトで情報収集。

そのネタをもとに話し合いを進めました。

すると妻もボクがそこまで情報を集めていたのかと驚いていたのと同時に

真剣なのだなと気付いてくれたのだと思います。

転職となると、個人ではなく家庭の問題となるので

妻の意向も組み込んでいく必要がありますからね。

これからが正念場です。

最後に

まだ職場には言えていないので、今年中には上司に伝えるつもりです。

そして年度末での退職ということになるでしょう。

でもボクにとって1番の難関であった妻に意外にもOKをもらえたことが

驚きでした。

やっぱり事前の準備などが功を奏したのだと思います。

ではまた明日、バイバイ。

スポンサーリンク

-ビジネス関係

© 2024 ヒロBLOG Powered by AFFINGER5