【ジャパネットたかた】A5ランクのステーキのレベルが桁違いすぎる。

スポンサーリンク

先日サプライズでお肉をもらったヒロです。

7月末はボクの35歳の誕生日でした。

誕生日から数日後にインターホンがなり玄関へ。

そこには配達員の人が。クール宅急便でした。

そんなもの頼んだ覚えがなかったのですが、届き先はわが家。

警戒しながら自宅に入り、妻に事情を説明。

すると妻が「それお父さんらからのプレゼント」とのこと。

突然のことに驚き中身を確認すると

A5阿波牛のロースステーキ」と書いているではないですか!!

粋なことをしてくれます。

今日はこのお肉のレビューをしていきたいと思います。

阿波牛をホットプレートで

こちらの阿波牛は600ℊあります。

当初は子どもたちは、食べないかなと思っていたのですが

ステーキを見るや否や長男が「食べたい、食べたい」と。

霜降りのあるに肉に大興奮でした。

次男は3歳でことの重大さに気付いておらず、「ボクはウインナー」と言っていました。

何て安くつく次男坊。

まずはホットプレートに野菜と棒付きウインナーを。

このお野菜は家庭菜園で出来たものなんです。

子ども達にウインナーと野菜を取り分けると

次男はウインナーを2本持ち美味しそうにほうばっていました。

長男はというと、なぜ肉じゃないのかと不満げな様子。

ですが、ついにお肉が登場するとテンションMaxです。

塩コショウをふっていざホットプレートへ。

ジュウ~と美味しそうな音色が聞こえてきました。

しばらくしてひっくり返すと

また美味しそうじゃありませんか。

ステーキを切り分け、まずは長男へ。

するとすぐに食らいつき「おいしいぃ~」と満面の笑み。

そんな表情を見たら食べずにはいられません。

妻と奪い合いをしながらいざ実食。

かんだ瞬間にジュワ~とお肉のエキスが口中に広がりました。

しかも柔らかい!!

また脂身の部分も甘いのです。そんじょそこらの食べ放題のお肉とはけた違い過ぎました。

お肉と言えばビールです。

今宵はプレミアムモルツです。

口の中のお肉の油をビールが流してくれます。たまりません!!

ステーキは合計3枚あったので、次から次へと焼いていきました。

一番おいしかったのは、ゆず塩で頂いたときでしたね。

食べ終わったころには、お腹もパンパンで大満足でした。

購入方法は?

購入は「ジャパネットたかた」さんからできるようです。

ジャパネットたかたさんと言えば、

家電というイメージだったので初めは違和感がありました。

「ジャパネットたかた ステーキ」と検索するとすぐに出てきます。

一応リンクも貼っておきます。

ボク自身調べてみてビックリ!!

なんと13000円もするんです。

これは、妻の両親のプレゼントもしっかり返さないと罰が当たると思いましたね。

最後に

良いお肉っていうのは油も美味しいのですが、量は食べられないですね。

これからは美味しいものを少量食べることになりそうです。

ではまた明日。バイバイ。

スポンサーリンク

-子育て

© 2024 ヒロBLOG Powered by AFFINGER5