【7月7日は七夕】七夕はなぜ「たなばた」と読むの?意外と知らない起源とは?

スポンサーリンク

短冊に願い事を書いているヒロです。

今日は7月7日の七夕です。

七夕ってそのまま読んだら「ななせき」とか「しちゆう」とかになりますよね。

それらの理由を調べてみたのでブログに書いていきます。

七夕の起源は?

草, 日の出, 太陽, 自然, バックライト, Morgenstimmung, 新しい始まり, 日光, 雰囲気

七夕のルーツは、中国伝来の七夕伝説(星伝説)にあります。

メジャーな1説を紹介します。

天の川の西岸に住む機織りの名手・織姫と、東岸に住む働き者の牛使い・彦星が、織姫の父親である天帝のすすめで結婚しました。

しかし、二人は仲睦まじくするばかりで全く仕事をしなくなってしまいました。

これに怒った天帝が、天の川を隔ててふたりを離れ離れにしました。

ところが、今度は悲しみに明け暮れるばかりで働かなくなってしまいました。

そこで、仕事に励むことを条件に七夕の夜に限って再会することが許され、七夕になると天帝の命を受けたカササギの翼にのって天の川を渡り、年に一度、再会するようになりました。

ボクは正直この伝説を知りませんでした…。

そこで妻になぜ、織姫と彦星が離れ離れになってしまったか問題をだすと、

「二人とも怠け者になってしまったからやろ」とアッサリ答えられてしまいました。

おまけに「知らんかったん?常識やで」と言われるしまい…。

もう忘れないよう頭に叩き込んでおきます。

七夕を「たなばた」と読むのはなぜ?

七夕のイラスト「タイトル文字」

七夕を「たなばた」と読むようになったのは、日本古来の「棚機つ女(たなばたつめ)」の伝説に由来するよう。

「棚機つ女」とは、神様を迎えるために水辺に設けた機屋に入り、棚機(たなばた)と呼ばれる機織り機で神様に捧げる神御衣(かんみそ)を織りあげる女性の話です。

そして、中国の織姫と日本の棚機つ女が結びつき、七夕と書いて「たなばた」と読むようになったのです。

なぜ七夕には笹の葉を使うのか?

竹, 笹の葉, 葉, 緑, 甘草, イネ科, モウソウチク, P, Aureosulcata 蛹

暑い時期は食べ物が腐りやすく、体も弱りがちです。

ですが、笹の葉には抗菌効果があるため、ご先祖様へのお供物などの下に敷き、防腐用として使用されていたといいます。

また昔は七夕の日に、殺菌作用のある笹の葉にお供え物をのせ、願い事やケガレと一緒に川に流す習慣もあったそう。

これらの風習から、笹と七夕は切っても切れない関係となったのです。

また笹は夏も冬も力強く成長する姿から筍(=竹 / 笹)は生命の象徴とされ、七夕の行事で使用されるという話もあります。

そう言われてみると、神聖な場所では笹をよく見る気がします。

我が家の願いは?

長男は幼稚園に短冊に願い事を書いて持っていく宿題がありました。

その時に書いたのがこちらになります。

左が妻が書いたもの、右は5歳の長男が書いたものになります。

何を書くか聞いた時に、すぐにこれを書いたとのこと…。

我が子ながらなんて優しい子だと嬉しくなりました。

○○が欲しいとかではなくて、人のことを思いやる気持ちがとても嬉しかったです。

ちなみにボクの願いは、「副業で本業の給料を超える」です。

なんてゲスいんでしょうか…。

息子の爪の垢でも煎じて飲んでおきます。

最後に

本来であれば、今日は地元のお祭りがある日なのですがコロナの影響で2年連続で中止に。

今日は子供たちと一緒に自宅でひっそりとお楽しみ会でもしようと思います。

ではまた明日、バイバイ。

スポンサーリンク

-子育て

© 2024 ヒロBLOG Powered by AFFINGER5