【看護師の特有の忙しさ】ただのタイムスケジュールなんて意味がない!

スポンサーリンク

看護師をして14年目に突入しようとしているヒロです。

看護師は一般の企業ではたらいているサラリーマンの方々とまた違った忙しさがあるように感じます。

気合いを入れて「今日は定時退社で頑張るぞ!!」と意気込んでいても帰るのが20時なんていうのもザラにあります。

この原因として看護というものは『急変がつきもの』『急な入院がある』この2つがあります。

この時間にはこの作業をこなそうというタイムスケジュールを組んでも、どうすることも出来ません。

今日はこの忙しい原因をどう対処していくかにつて話していきます。

看護の忙しい原因

男, オフィス, 実業家, ビジネス, マルチタスク, 通信, 技術, 男性, コンピュータ, モバイル

急変がつきもの

ボクたち看護師は人の命というものを預かって仕事をしています。

なので、急変はつきものなのです。特に急性期の病棟で働いていれば尚更です。

病院であっても食事をのどに詰まらせて亡くなる方もいます。他には病院のお風呂で入浴中に亡くなっている方もいました。

このように予想できないことが急に起こったりするのです。

しかもこの急変というのが、朝方であったり夕方という勤務交代時起こることが多く感じています。

なので対応もしないといけないし記録も書かないといけないと、業務がずれ込んでいってしまうのです。

急な入院がある

これも急性期病棟の宿命ですが、急な入院があります。

ボクの病棟では入院患者さんがくると、スタッフ総出と言っていいくらいに取り掛かってくれます。

コンスタントに入院があれば良いのですが、重なる時は2件、3件と続けて入院があり手が回らないこともしばしば。

これも人の命を預かっているのでわからないものなんですけどね。

最近ではコロナの影響もあり、ガウンや眼鏡、帽子などなど装着しないといけないものが多く、それだけで時間がとられてしまうのです。

タイムスケジュールは意味がない!?

時間管理, ビジネス, 計画, 時間, 管理, クロック, 期限, スケジュール, 効率, 有効性, 組織

新人に対しては一定の効果は認める

新人を指導している場面をみていると、「タイムスケジュールが出来ていない!!!」と言っているところをよく見かけます。

働きだして間もないスタッフに対しては、このタイムスケジュールで動くということは一定の効果はあります

一日に与えられた仕事をこなすのに、どの処置をどの時間帯に行えばよいかということを知ることができるからです。

まずは自分のことを行えるようになる必要があります。

でもこれは新人にだけあてはまるものになります。

中堅より上は出来事管理を行うべし

ある程度の仕事は行えるようになり、一人で色々と任せられるようになってくれば自分だけのタイムスケジュールだけで動いていてはダメです。

なぜなら周りのサポートが課せられてくるからです。

これを行えるようになるには「出来事の管理」と「早めの判断」が必要なのです。

これが出来ていれば、急な出来事に対応することができます。

時間を管理していても、看護の仕事は思い通りに進まないことだらけです。患者を相手にしているのですから。

経験を積んでいくと「この患者には今後こんなことが起こるかもしてない」とか「この処置の準備をしておいた方が良いかも」と先を読むことができます。

今後起こるかもしれない出来事を予測して判断することが必要なのです。

もし周りのサポートも常にできていれば、自分がピンチの時は周りが助けてくれます。

このように中堅より上は自分のことだけでなく、周りをみてサポートすることが重要となってきます。

最後に

このようにデキる看護師というのは「出来事を管理」し「早めの判断」を行っているので余裕があるのです。

それゆえ急なことにも対応することができます。

ボクはまだまだデキる看護師ではないので日々精進していきます。

では、また明日バイバイ。

スポンサーリンク

-ビジネス関係, 看護

© 2024 ヒロBLOG Powered by AFFINGER5